全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~18:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

06-6308-8755

サンドウィッチ 3兄弟

長兄 =セント・ジョージズ 中兄= シンクポ—ツ
末弟 =プリンシズ

royal st geroge 兄.jpg

1887年ロンドンより西南西に約110km程の港街サンドウィッチに生まれたのが、3人兄弟の長兄ジョージズです。7年後の1894年には全英オープンの舞台に選ばれる栄誉を得ました。しかも、この1894年は、全英オープンが史上初めて、スコットランド以外で開催された大会でした。全長7102ヤード・Par70.コブだらけの土地に固いフェアーウェイ、強くうねったグリーンを持つこのコースは全英オープンの開催の舞台コースでは屈指の難度を誇ります。この1894年を皮切りに2011年まで14回の全英オープンが開催されています。これは最初に全英オープンが開催されてから100年以上も全英オープンの舞台として現役を続けていることを意味し、このコースの素晴らしさの証明となっています。

royal cinqports .jpg

1887年から5年後の1892年サンドウィッチから約7km離れたディールという地にジョージズの弟、シンクポ—ツが産声を上げます。優秀な兄の背中の見ながら育ち、兄に見習い、兄を目標に精進します。その間も兄は1899年と1904年と全英オープンの舞台の大役をこなし、ゴルフ史に名を刻んでいきます。1904年にはサンドウィッチの地に末弟プリンシズが誕生し、兄と弟は、それぞれ長兄と中兄となり、サンドウィッチ3兄弟が完成します。

そしてついに中兄シンクポ—ツは1909年に全英オープンの開催コースの舞台となります。全長6839ヤード・Par72、海側の細い土地にアウト・コースとイン・コースを持ち、長兄同様コブだらけのフェアーウェイ、数ホールのブラインド・ホールを持ち、海からの強い風に立ち向かう勇敢なコースとなっています。その後、二人の弟の見本となるべく長兄はさらに精進し、1911年にも全英オープンの舞台の大役をこなします。

1920年は中兄シンクポ—ツ、1922年と1928年はまたしても長兄ジョージズが大役をこなします。そして二人の優秀な兄達の姿を追いかけるように1932年末弟プリンシズがその大役をこなします。全長6511ヤード・Par71(ヒマヤラズとショアのコンビ)。二人の兄よりは緩やかなフェアーウェイ、コース設計ではありますが全英オープンの大役を立派にこなしました。この1932年のチャンピオンは、ゴルフ史上初のグランド・スラマーになるアメリカのジーン・サラゼンです。

その後、長兄は1934年を皮切りに2011年まで7度の大役をこなし、全英オープンの歴史に大きな名を残し、今尚、全英オープンの開催コースのローテーション・コースの役目を担っています。中兄と末弟は、全英オープンのローテーション・コースからは引退したもの、3兄弟で通算17度の大役をこなしました。

2016年に第145回を数えますから約8分の1の開催数となります。長兄と中兄には、”ロイヤル”の称号が与えられてもいます。末弟はロイヤルの称号はないもの、プリンスの名に恥じないコースで今もあり続けています。3兄弟の立ち位置は、真ん中に長兄が陣取り、左右に二人の弟達の手を繋ぐように存在します。

今もゴルファーの訪問を3兄弟は仲好く世界中のゴルファーを待っています。最も優しい末弟からラウンドし、中兄へ。そして長兄に闘いを挑んで下さい。この地を訪問するゴルファーは、3兄弟すべてに会う事が義務となっています。

英国ゴルフ・メジャーの舞台

(全英オープンの舞台)

*ロイヤル・セント・ジョージ・ゴルフ・クラブ*

1894, 1899, 1904, 1911, 1922, 1928, 1934, 1938, 1949, 1981, 1985, 1993,

2003, 2011,

*ロイヤル・シークポーツ・ゴルフ・クラブ

1909, 1920,

*プリンシズ*

1932,

長兄 ロイヤル・セント・ジョージズ・ゴルフ・クラブのホール達

歴史上、スコットランド以外で最初に行われた全英オープンの舞台となり、100年以上の長きにわたり全英オープンの舞台を14度務めた難コースにぜひ挑戦下さい。

ホールナンバー

距離(yards)

Par

説明

1

411

4

フェアウェイ中央のくぼみまで230ヤードです。くぼみの中ではグリーン面が見えない為、ショットが難しくなります。グリーン左手前の3つのバンカーに注意です。

2

385

4

左サイドにある2つのバンカーに注意です。グリーン周りにはバンカーはありませんが、スロープは激しいです。ティー・ショット成否がポイントです。

3

195

3

距離のしっかりしたホールで。グリーン周りにバンカーはありませんが、縦長の2段ングルイーンです。ピンの立つ面に乗せるが重要です。

4

415

4

コースでも屈指の難度を誇るホールです。右サイドの2つバンカーは15ヤードの程の壁になっており、低いティーショットをはじきます。ティーショットでうまく超えても、グリーンへはロングショットが要求されます。

5

416

4

左サイドの3つのバンカーの右サイドがベスト・ポジションです。途中、フェアウェイが途切れ、グリーン手前までラフが続く為、2回のしっかりしたショットを要求されます。

6

152

3

風の強くなる海側に配置され、グリーンの3方向をマウンドで囲まれている為、ティーグランドから風を察知しにくいホールです。2段グリーンとなっていて、アップヒルのグリーンの為、必要な距離をしっかりショットする事が要求されます。

7

490

5

ティーショットで200ヤードの距離がないとフェアウェイまで出ません。セコンド以降は、左右に配されたバンカーをよけながらのショットが必要です。

8

419

4

かつてはパー3でしたが、パー4に改装されました。右サイドの2つのバンカーに注意が必要です。2つのしっかりしたロング・ショットが必要です。

9

373

4

フェアウェイ中央のバンカーが狙い目です。グリーン手前の4つのバンカーが避けなければなりません。

10

371

4

左のバンカーの右サイドがベスト・ポジションです。セカンド以降、グリーンの両サイドのバンカーは小さく深いので、避けなければなりません。

11

215

 3

グリーン左のバンカーは深く、絶対に避けなければなりません。おわん形のグリーンはななので、パットに苦戦するかもれません。

12

361

4

フェアウェイに点在する3つのバンカーが狙い目です。グリーン手前の5つのバンカーを避けて、グリーンへのアプロ-チをする必要があります。

13

442

4

左から2つ目のフェアーウェイ中央に見えるバンカーが狙い目です。セカンド以降、グリーン手前の3つのバンカーは避けて、グリーンをヒットすることがポイントです。

14

533

5

右サイドは、アウト・オブ・バウンズです。セカンド以降は、慎重にバンカーとうねりに気をつかって、ショットを重ねて下さい。

15

436

4

フェアウェイ両サイドのバンカーを避ける事が必要です。コースで一番長いホールです。

16

161

3

グリーンの右サイドの手前は絶対に避けなければなりません。風が吹けば、その難度は激変します。

17

418

4

左右のバンカーの真ん中へのティーショットが必要です。セカンド以降のフェアウェイのコブやマウンドが球をあらぬ方向に運ぶことがありません。

18

437

4

左サイドのバンカーを避けて、フェアウェイ中央にある2つのバンカーに注意して下さい。全英オープンの舞台となるコースの中で最もタフな最終ホールとなっています。

中兄 ロイヤル・シンクポ—ツ・ゴルフ・クラブのホール達

1909年と1920年に2度全英オープンの舞台を務めた名コースに挑戦下さい。

ホールNo

愛称 

距離(yards)

Par

説明

1

 Henry Long Hurst

359

4

比較的に広いフェアウェイのオープニング・ホールです。グリーンへのショットが短いと手前のバーンへ吸い込まれます。

2

 Sir Guy Campbell

364

4

ティーショットは左サイドがベスト・ポジションです。グリーン・オーバーは禁物です。アプローチが困難になります。

3

 Harry Bannerman

455

4

距離のあるパー4です。フェアウェイ中央のバンカーの右サイドがベスト・ポジションです。セカンド以降も右からの攻めが有効です。

4

 Mackenzie Ross

154

3

グリーン周りにバンカーはありませんが、数多いティグランドの場所によりクラブ選択の難しいホールです。

5

 Bernard Hunt

502

5

コース最初のパー5です。ティショットは右サイドがベスト・ポジションです。セカンド以降はグリーンに向けて、真っ直ぐに攻めていきます。左右にあるバンカーとグリーン周りのバンカーに注意です。

6

 Henrry Longhurst

319

4

短いパー4です。ロングヒッターはグリーンヘ向けて、ショットを試みます。ロング・アイアンやユーティリティの場合は、フェアウェイセンター狙いです。

7

 Gerald Mickelem

360

4

ホール攻略の鍵は徹底してバンカーを避けることです。避ける為のクラブ選択がポイントです。

8

 Henry Cotton

153

3

風によって状況が変わるパー3です。ウェッジからロングアイアンまでの幅が考えられます。グリーン周りに無数点在するバンカー群の為、グリーンに止まるショットが要求されます。

9

 Bobby Locke

400

4

ティショットでフェアウェイをヒットすることが難しいホールです。グリーンへのショットでは左サイドのバンカーが残りの距離を惑わせます。

10

 J H Taylor

362

4

ロングヒッターであればグリーン傍までティ-ショットがきます。アベレージ・ヒッターであれば、左右のバンカーの間へティショットを運ぶ事が必要です。グリーンへは手前から攻めるのが鉄則です。

11

Peter Hedges

387

4

ティショットは左サイドのバンカー狙いです。グリーンへのショットは1クラブ上げて下さい。見た目以上に距離があります。

12

 Peter Alliss

440

4

ティショットは左サイドのバンカーの右が狙い目です。セカンド以降はグリーンまでの距離をしっかりヒットすることが必要です。

13

 Peter Jacobsen

407

4

ロングヒッターは右サイドのバンカー越えが狙いです。アベレージ・ヒッターは右サイドのバンカーの左が狙い目です。セカンド以降は右から攻めて、グリーン左サイドのバンカーを避けることがポイントです。

14

 Lee Trevino

213

3

距離のあるパー3です。右サイドのバンカー避けて、ティショットを打つ必要があります。

15

 Gary Player

417

4

ティショットは右サイドのバンカーの左です。グリーンへのショットはショートはすべて戻ります。左へのショットはバンカーへ吸い込まれます。ショートよりオーバーめのショットが正解です。

16

 Jack Nicklaus

476

5

コースでもナンバー1の名ホールです。イングランドでもベスト18ホールに選出されています。ティショットはフェアウェイ中央のバンカー狙いです。セカンド以降は左右の3つバンカーを避けながらのショットを要求されます。グリーンのうねりが激しいので、グリーンをヒットする位置が重要です。

17

 Jerry Pate

361

4

フェアウェイ中央狙いです。グリーンへのショットは右サイドから攻めることが必要です。

18

 Sir Peter Allen

400

4

フェアウェイ中央300ヤード付近にバーン(=小川)が横切ります。ティショットはバーンの橋の手前右サイドがベストポジションです。グリーンへのショットは左右や手前はすべてグリーンをこぼれます。

末弟 プリンシズ・ゴルフ・クラブのホール達

1932年に一度だけ全英オープンの舞台を務めた幻のコースをお楽しみ下さい。

ホールナンバー

距離(yards)

Par

説明

   

 ヒマヤラ : Himalayas

1

378

4

フェアウェイは左から右へスロープしています。グリーンへのショットにオーバーは禁物です。グリーン奥10ヤードでアウト・オブ・バウンドです。

2

375

4

コース難度1番のホールです。ティショットはフェアウェイに置くことが必要です。グリーンは奥から手前へ、右から左へ傾斜があります。

3

181

3

グリーン手前の2つのバンカーに注意です。グリーンは右から左への傾斜があります。グリーン左サイドにヒットすることを要求されます。

4

317

4

コ-スで最も短いパー4です。右サイドには小川が流れ、さらに右サイドには池があります。8番ホールと共有グリーンです。グリーンは右から左への傾斜があります。

5

394

4

右バンカーの左がベスト・ポジションです。グリーンは小さな傾斜が手前からあります。縦長の狭いグリーンへのショットは正確性が求められます。

6

570

5

コースで唯一のパー5です。ティショットはラフとバンカーの間へ。セカンド以降はフェアウェイ中央にあるバンカーを超えるショットが要求されます。グリーンは海側へ配され、風向きによるショットの方向を計算しなければなりません。海からのアプローチは難しいです。

7

188

3

トニ-・ジャクリンが、かつて”バンカーのない ベストのパー3”と評しました。海側に位置する為、ピッチング・ウェッジからドライバーまでの範囲でクラブ選択を要求されます。グリーンを外すなら左サイドです。

8

410

4

ティーショットはバンカー左サイドです。4番ホールとの共有グリーンです。グリーンへのショットが短い場合、グリーンから出て行きます。手強いパー4です。

9

387

4

フェアウェイ右サイドがベスト・ポジションです。グリーン左の深いバンカーに注意が必要です。

   

 ショア : Shore

1

425

4

フェアウェイ右サイドがベスト・ポジションです。グリーンへのショットはピンのある位置への正確なショットが要求されます。

2

522

5

左サイドに海を見ながら進むパー5です。ロング・ヒッターはフェアーウェイ右サイドに向けてショットします。アベレージ・ゴルファーはとにかくフェアウェイ狙いです。セカンド以降はバンカー群に気をつけて、ショットします。

3

171

3

ティショットの正確性を要求されます。グリーン左サイドのバンカーに注意です。グリーン右サイドからのアプローチがスムーズです。

4

400

4

ティショットはフェアウェイ右サイドのフラットな場所を狙います。グリーンはうねっているのでピンと同じ高さの面にヒットすることは重要です。

5

381

4

長兄のロイヤル・セント・ジョージズ・ゴルフ・クラブとのフェンスがあります。又、プリンシズのロッジも見えます。フェアウェイセンター狙いでグリーンへのショットはショートアイアイとなります。グリーンへはピンに対して上りとなる位置へのオンがポイントです。

6

404

4

フェアウェイ中央のバンカーの横がベスト・ポジションです。セカンド以降はグリーン左サイドへのショットが求められます。

7

546

4

多くのティーグランドがあります。通常風はフォローが多いです。ポイントはグリーンまで2ショットで行くか、3ショットで行くかを計画することです。風がバンカーや深いラフへ誘います。グリーンは右から左へ傾斜しています。

8

176

3

グリーンの傾斜が激しいホールです。ロングアイアンでは、右手前からのアプロ-チを覚悟しながらのティショットとなります。ミドルアイアンより短い場合は、ピンのある位置への正確なショットが要求されます。

9

423

4

ティグラウンドから見えるピン向けて真っ直ぐにティショットを狙います。フェアーウェイセンターからのショットのみ、うねりのきついグリーンへのヒットの機会が訪れます。

注意:プリンシズには、デュ-ンズ(Dunes / 3432ヤード・パー36)と呼ばれる9ホールもあります。ヒマラヤ、ショア、と併せて、27ホールが存在します。

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeの利用も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜17:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:080-9454-5340 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

24時間以降でお客様のご都合の良い時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社担当者よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2017年6月9日

8月25日~9月25日の期間、海外出張の為、事務所の電話は留守番電話となります。ご相談やお問合せは、メールアドレスまでお願いします。

2017年6月9日

2017 年夏から秋の旅をアップ致しました。弊社では、セント・アンドリュースの旅キャンペーンを実施中です。

2017年1月1日

注目
すでにご旅行の催行が決定しているコースやほぼ催行が決定しているコースは、『ゴルフ仲間の広場』の項目にてご案内しております。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

06-6308-8755

080-9454-5340

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

080-9454-5340

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら