\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

ロイヤル・カウンティダウン
ゴルフクラブ

世界が認めた難リンクス

北アイルランドの中心都市ベルファストから南へ約50Km程離れた街ニューキャッスルという街があります。その街があるマーラウ国立公園内のダンラム湾に面した場所に偉大なコース『ロイヤル・カウンティダウン ゴルフ・クラブ』はあります。周りをマーラウ国立公園の高い山々に囲まれたその一帯は、大小多くの個性的な起伏を形成しており、チャンピオン・リンクス(Champion/KInks)とアネスリー・リンクス(Annesley Links)の2つの18ホールを持ちます。特にチャンピオン・リンクスの評価は非常に高く、大都市ベルファストを挟んで北の端にロイヤル・ポートラッシュがあり、南の端にここロイヤル・カウンティダウンがあることに、北アイルランドにあるリンクスの質の高さを証明しています。しかも、ポートラッシュは1888年に9ホールで開場し、翌1889年には18ホールに拡張されました。その1889年にはカウンティダウンが設立されており、わずか2年の内に2つの偉大なリンクスがこの世に誕生したことになります。当初は、大都市ベルファストとニューキャッスル結ぶ鉄道開通の目玉として、この地に計画されたリゾートホテルの付帯施設として造成された歴地を持ち、途中のホテル開発の頓挫が原因で、暫く、このカウンティダウンのリンクスコースはゴルフの歴史からは忘れられた存在でした。コースをラウンドしながら、海岸線に接して広大な大地に大小様々な起伏やコブが自然に溶け込み、紫色のヘザー、黄色のゴース、赤いフェスキューの彩は、言葉を失うほどの造形美です。コースが風に鍛えられ、必要最低限の人間の手を加えたこの作品は北アイルランドの宝石の名に相応しいと断言できます。

ロイヤル・カウンティダウン・ゴルフクラブのホール達
(チャンピオン・リンクス)

1889年の開場後は暫く、その存在を忘れられていましたが、1928年を皮切りに、1935年、1939年、2015年のアイリッシュ・オープン、2007年のウォーカー・カップ(アマチュアの全米と欧州と対抗戦)、2000年、2001年、2002年の全英シニア・オープンなど数々のトーナメントの舞台となってきました。因みに2002年の優勝者は、日本の須貝 昇選手です。

ホールナンバー

距離/パー

説明

1

539ヤード

/パー5

アウトコース唯一のパー5のオープニング・ホールです。

海側に面したこのホールは風の向きに注意が必要です。左に見える小山がフェアウェイをより狭く感じさせます。フェアウェイは右から左に傾斜しています。2打目以降、左、右と順にグリーンに近ずく毎に注意が必要です。右側からせり出す小山に隠れた小さく深い2つのバンカ―に注意が必要です。

2

444ヤード

/パー4

1番ホール同様、右に海岸線を感じながらホールはすすみます。右の小山の途中にあるティグランドから第1打を試みます。2打目以降、グリーンを覆い隠すように手前に配置された大きなバンカーに注意です。グリーン左の2つのバンカーは避けなければなりません。グリーン右は谷のように落ち込んでおり、次打のアプローチは大変難しいです。

3

475ヤード

/パー4

そのまま、右側に海を感じながら、ティグランドに向かいます。左に2つ、右に1つのバンカーがあります。狙いは右のバンカーの左サイドです。2打目以降、フェアウェイの左右から迫る小山がより一層フェアウェイを狭く見せます。グリーン左の2つのバンカーに注意です。右側から攻めるべき長いパー4です。

4

229ヤード

/パー3

1番ホールから3番ホールまでの今までの向きから180°向きを変えます。ティグランドからグリン傍まで続くラフが距離感を狂わせます。グリーン周りのバンカー、大小のコブ、谷や山など起伏のある形状がグリーンに転がったボールを翻弄します。

5

440ヤード

/パー4

右側からせり出している小山の上が飛球線です。遠くに見える山や街並みの目標物を見つけて、風に注意し、右側の5つのバンカーに注意して第1打を試みます。グリーンは奥行きがあり、ピンの位置によって、クラブ選択に幅を持ち、左手前のくぼみを避けながら、第2打以降に臨みます。

6

396ヤード

/パー4

比較的に距離のないパー4です。高台に設置されたティグランドから着地点が見え難いフェアウェイに向けて、第1打を試みます。2打目以降、右に見えるバンカーはグリーンまで約50~60ヤードの距離があり、クラブ選択を迷わせます。グリーン傍の右の深いバンカ―、見た目は広く感じますが、実際はのり面が外にむかって、下っているグリーンに注意が必要です。

7

144ヤード

/パー3

距離のあまりないパー3です。大きなティグランドの為、当日の第1打の位置マークにより、ショットのバラエティを要求されます。グリーン入り口の大きなバンカー、グリーン奥は、谷のように奥へ下っている事に注意が必要です。

8

429ヤード

/パー4

ティグランドから見るとフェアウェイは大変狭く見えます。右に2つ、左に1つあるバンカーに注意し、第1打に臨みます。グリーン傍にはバンカーはありませんが、奥行きの長い縦長のグリーンの端は、中心から外に向けて、下りのスロープとなっています。

9

483ヤード

/パー4

高台にあるティグランドから第1打の着地点は見えません。右からの小山、左の谷がフェアウェイの存在を消しています。フェアウェイにバンカーはありません。2打目以降、グリーン手前に見える2つのバンカーは、グリーンエッジまで約40ヤードの距離があります。グリーン左に2つ、右に1つある小さく深いバンカ―に注意です。

10

196ヤード

/パー3

クラブハウス前から望むパー3です。グリーンまで少し打ち上げていきます。左の大きな2つのバンカー、右の深い、小さな2つのバンカーに注意です。グリーンの入り口には谷があり、入り口に落ちた打球を飲み込みます。

11

442ヤード

/パー4

ティグランドからフェアウェイは見えません。正面に見えるラフに向けてのブラインドホールです。右から左へ少し曲がりながら下ります。グリーン手前60ヤード付近の左右のバンカー、グリーン傍の左に2つ、右に1つある小さなバンカーに注意です。

12

525ヤード

/パー5

ティグランドからの風景は、ラフしか見えません。左に1つ、右に小さく1つ見えるバンカーの間にフェアウェイがあると想像して、第1打に臨みます。2打目以降、緩やかに下ります。2打以降、グリーンまでの間に距離が近ずくに連れて、バランスよく配置された2つずつの左右のバンカーに注意です。

13

446ヤード

/パー4

ティグランドからは、手前から続くラフ、右に4つのバンカーが見えます。狙いは右から2つ目ののバンカーの左です。右から左へのフェアウェイの傾斜がベストポジションへボールを運びます。2打目以降、長いクラブでの右へのミスショットは禁物です。グリーン左のバンカーに注意して、グリーンにアプローチします。

14

212ヤード

/パー3

長いパー3です。ティグランドからグリーンまで続いているラフは、グリーンを小さく見せます。左に2つ、右に3つのバンカーに注意しながら、バンカーの間に正確なショットが要求されます。

15

468ヤード

/パー4

長いパー4です。ティグランドからは、広いフェアウェイが見渡せます。風の向きに注意しながらのロング・ドライブが必要です。2打目以降、左に2つあるバンカーがフェアウェイの広さの誇張しています。右のバンカーの左の方向へ向けて、グリーンを狙いたいです。右のバンカーの上やさらなる右方向は、谷とラフの為、次打が難しくなります。

16

337ヤード

/パー4

距離のないパー4ですが、多くの種類のティグランドがあります。ティショットの正確性が必要です。フェアウェイは左から右に傾斜しております。右側は深いラフと谷があります。第2打以降、グリーンから手前に向けて、左右共にバンカーが設置されています。

17

433ヤード

/パー4

リンクスコースには珍しく、ウォーターハザートがあります。第1打の狙いはこのウォーターハザードです。手前に止めて、2打目以降、グリーンを囲む7つのバンカーに注意しながら攻めます。

18

548ヤード

/パー5

このホールだけで合計19個のバンカーがあります。ティグランドから見える、左に2つ、右に4つ見えるバンカーに注意し、右のバンカー群の左側が狙いです。2打目以降、左右に見えるバンカー群に注意しながら進みます。左のバンカーは見えにくく小さいバンカー、右のバンカーは、大きく目立つバンカーです。グリーンの右半分は右側へ下ってますので、十分な注意が必要です。

英国ゴルフ・メジャーの舞台

アイリッシュ・オープン

1909, 1914, 1929, 1954,

全英シニア・オープン

2000, 2001, 2002、

全英アマチュア選手権

1970,  1999, 

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら