\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください
(営業電話はお断りいたします)

090-3915-1953

全英アマチュア選手権について

1885年にイングランドのロイヤル・リバプール ゴルフクラブにて第1回が開催された英国におけるアマチュアの最高峰の大会です。全英オープンや全英シニア・オープン、全英女子オープンと同様R&A(=ロイヤル&エイシェント)が主催しています。正式名称は、The Amateur Championship(ジ・アマチュア チャンピオンシップ)です。毎年6月に基本的に英国で開催されます。(過去に1949年と2019年の2度、アイルランド共和国のポートマーノック・ゴルフクラブで開催)約290名の大会参加者がまず1日18ホールの2日間のストロークプレイにて争い、上位64名が以降のマッチプレイに進みます。準決勝までは18ホール、決勝は36ホールの戦いとなり、優勝を争います。優勝者は、翌月7月の全英オープンと翌年の米国のマスターズ・トーナメントへの出場権が付与されます。大会初日から数えて合計で8日間の長き戦いとなり、ゴルフの試合における2大競技方法に適応する実力と運が必要とされます。過去の優勝者には、米国の球聖ボビー・ジョーンズ、スペインのホセ・マリオ・オラサバルやセルヒオ・ガルシア、イングランドのハロルド・ヒルトン、R&Aのキャプテンを務めたマイケル・ボナラックなどがいます。

詳しくはこちらをクリック

歴代チャンピオン

Number of Event

Dates Y ear of event

Golf Course

Name of Winner

Country of Winner

Final Score

(Match Play)

1

1885

Royal Liverpool 

Allan Macfie

Scotland

7&6

2

1886

St Andrews Old

Horace Hutchinson

England

7&6

3

1887

Royal Liverpool

Horace Hatchinson

England

5&4

4

1888

Prestwick 

John Ball

England

5&4

5

1889

St Andrews Old

Johny Laidlay

Scotland

2&1

6

1890

Royal Liverpool 

John Ball

England

4&3

7

1891

St Andrews Old

Johnny Laidlay

Scotland

1up

(20holes)

8

1892

Royal St George's

John Ball

England

3&1

9

1893

Prestwick

P.C Anderson

Scotland

1up

10

1894

Royal Liverpool

John Ball

England

1up

11

1895

St Andrews Old

Leslie Balfour-Melville

Scotland

1up

(19holes)

121896Royal St George'sFreddie TaitScotland8&7
13

1897

Muirfield

Jack Allan

Scotland

4&2

14

1898

Royal Liverpool

Freddie Tait

Scotland

7&5

15

1899

Prestwick

John BallEngland

1up

(37holes

16

1900

Royal St George's

Harold Hilton

England

8&7

17

1901

St Andrews Old

Harold Hilton

England

1up

18

1902

Royal Liverpool

Charles Hutching

England

1up

19

1903

Muirfield

Robert Maxwell

Scotland

7&5

20

1904

Royal St George's 

Walter Travis

U.S.A

4&3

21

1905

Prestwick 

Gordon BarryEngland3&2
22

1906

Royal Liverpool

James Robb

Scotland

4&3

23

1907

St Andrews

John BallEngland6&4
24

1908

Royal St George's

Edward Lassen

England

7&6

25

1909

Muirfield

Robert Maxwell

Scotland

1up

26

1910

Royal Liverpool

John Ball

England

10&9

27

1911

Prestwick

Harold Hilton

England

4&3

28

1912

Royal North Devon

John Ball

England

1up

(38holes)

29

1913

St Andrews

Harold Hilton

England

6&5

30

1914

Royal St George's

James Jankins

Scotland

3&2

 

1915~

1919

 

No Match due to The World War Ⅰ

 

 

31

1920

Muirfield

Cyrill Tolley

England

1up

(37holes)

32

1921

Royal liverpool

Willie Hunter

Scotland

12&11

33

1922

Prestwick

Ernest Holderness

England

1up

34

1923

Royal Cinque Ports

Roger Wethered

England

7&6

35

1924

St Andrews Old

Ernest Holderness

England

3&2

36

1925

Royal North Devon 

Robert Harris

Scotland

13&12

37

1926

Muirfield

Jess Sweetser

U.S.A

6&5

38

1927

Royal Liverpool

William Tweddell

England

7&6

39

1928

Prestwick

Philip Perkins

England

6&4

40

1929

Royal St George's

Cyril Tolley

England

4&3

41

1930

St Andrews Old

Bobby Jones

U.S.A

7&6

42

1931

Royal North Devon

Eric Martin Smith

England

1up

43

1932

Muirfield

John de Forest

England

3&1

44

1933

Royal Liverpool

Michael Scot

England

4&3

45

1934

Prestwick

Lawson Little

U.SA

14&13

46

1935

Royal Lytham& St. Annes

Lawson Litte

 

U.S.A

1up

47

1936

St-Andews  Old

Hector  Thomson

Scotland

2up

48

1937

Royal St George's

Robert Sweeny Jr

U.S.A

3&2

49

1938

Royal Troon

Charie Yates

U.S.A

3&2

501939Royal LiverpoolAlex KyleScotland2&1
 

1940~

1945

 

No Match due to The World War

 

 

50

1946

Royal Birkdale

Jimmy Bruen

Ireland

4&3

51

1947

Carnoustie 

Willie Turnesa

U.S.A

3&2

52

1948

Royal St Geroge's

Frank Stranahan

U.S.A

5&4

53

1949

Portmarnock

MaxMcCready

N.Ireland

2&1

54

1950

St Andrews OldFrank StranahanU.S.A8&6
55

1951

Royal Porthcawl

Dick Chapman

U.S.A

5&4

56

1952

Prestwick

Harvie Ward

U.S.A

6&5

57

1953

Royal Liverpool

Joe Carr

Ireland

2up

58

1954

Muirfield

Doug Bachili

Australia

2&1

59

1955

Royal Lytham&St Annes

Joe Conrad

U.S.A

3&2

60

1956

Royal Troon

John Beharrell

England

5&4

61

1957

Formby

Reid Jack

Scotland

2&1

62

1958

St Andrews

Joe Carr

Ireland

3&2

63

1959

Royal St-George's

Deane Beman

U.S.A

3&2

64

1960

Royal Portrush

Joe Carr

Ireland

8&7

65

1961

Turnberry

Michael Bonallack

England

6&4

66

1962

Royal Liverpool

Richard Davies

U.S.A

1up

67

1963

St Andrews Old

Michael Lunt

England

2&1

68

1964

Ganton

Gordon Clark

England

1up

(39holes)

69

1965

Royal Porthcawl

Michael Bonallack

England

2&1

70

1966

Carnoustie

Bobby Cole

S.Africa

3&2

71

1967

Formby

Bob Dickson

U.S.A

2&1

72

1968

Royal Troon

Michael Bonallack

England

7&6

73

1969

Royal Liverpool

Michael Bonallack

England

3&2

74

1970

Royal County Down

Michael Bonallack

England

8&7

75

1971

CarnoustieSteve MelnykU.S.A3&2
761972Royal St George'sTrevor HomerEngland4&3
771973Royal PorthcawlDick SiderowfU.S.A5&3
781974MuirfieldTrevor HomerEngland2up
791975Royal LiverpoolVinny GilesU.S.A8&7
801976St Andrews OldDick SiderowfU.S.A

1up

(37holes)

811977GantonPeter McEvoyEngland5&4
821978Royal TroonPeter McEvoyEngland4&3
831979HillsideJay SigelU.S.A3&2
841980Royal PorthcawlDuncan EvansWales4&3
851981St Andrews OldPhillipe PloujouxFrance4&2
861982Royal Cinque PortsMartin ThompsonEngland4&3
871983TurnberryPhillipe ParkinWales5&4
881984FormbyJose Maria OlazabalSpain5&4
891985Royal DornochGarth McGimpseyN.Ireland8&7
901986Royal Lytham&St AnnesDavid CurryEngland11&9
911987PrestwickPaul MayoWales3&1
921988Royal PorthcawlCristian HaerdinSweden1up
931989Royal BirkdaleStephen DoddWales5&3
941990MuirfieldRolf MuntzNetherlands7&6
951991GantonGary WolstenholmeEngland8&6
961992CarnoustieStepahan DundasScotland7&6
971993Royal PortrushIain PymanEngland

11up

(37holes)

981994NairnLee JamesEngland2&1
991995Royal LiverpoolGordon SherryScotland7&6
1001996TurnberryWarren BladonEngland1up
1011997Royal St George'sCraig WatsonScotland3&2
1021998MuirfieldSergio GarciaSpain7&6
1031999Royal County DownGraeme StormEngland7&6
1042000Royal LiverpoolMikko IlonenFinland2&1
1052001PrestwickMichael HoeyN.Ireland1up
1062002Royal PorthcawlAlejandrro LarrazabalU.S.A279(-9)
1072003Royal TroonGary WolfstenholmeEngland6&5
1082004St Andrews OldStuart WillsonScotland4&3
1092005Royal BirkdalesBrian McElhinneyIreland5&4
1102006Royal St George'sJulien GuerrierFrance4&3
1112007Royal Lytham & St AnnesDrew WeaverU.S.A2&1
1122008TurnberryReinier SaxtonNetherlands3&2
1132009FormbyMatteo ManasseroItaly4&3
1142010MuirfieldJin JeongS.Korea5&4
1152011HilllsideBryden MacphersonAustralia362
1162012Royal TroonAlan DunbarN. Ireland1up
1172013Royal Cinque PortsGarrick PorteousEngland6&5
1182014Royal PortrushBradley NeilScotland2&1
1192015CarnoustieRomain LangasqueFrance4&2
1202016Royal PorthcawlScott GregoryEngland2&1
1212017Royal St George'sHarry EllisEngland

1up

(38holes)

1222018Royal AberdeenJovan RebulaS.Africa3&2
1232019Portmarnock James SugrueIreland2up
1242020Royal BirkdaleJoe LongEngland4&3
1252021NairnLaird ShepherdEngland

1up

(38holes)

1262022Royal Lytham&St Annes   

全英アマチュア選手権の記録

 複数回の優勝者

・John Ball :  8回(1888、1890, 1892, 1894, 1899, 1907, 1910, 1912)

・Michael Bonallack : 5回(1961, 1965, 1968, 1969, 1970, )

・Horold Hilton: 4回(1900, 1901, 1911, 1913)

・Joe Carr(1953, 1958, 1960)

 全英アマチュア選手権と全英オープンの両方を制した選手

・John Ball: 全英アマチュア選手権:1888, 2890, 1892, 1894, 1899, 1907, 1910, 1912

                   全英オープン:1890

・Harold Hilton: 全英アマチュア選手権:1900, 1901,1911, 1913)

                         全英オープン:1892, 1897,

・Bobby Jones: 全英アマチュア選手権:1930、

        全英オープン: 1926, 1927, 1930

 

全英アマチュア選手権の舞台

ロイヤル・リバプール ゴルフクラブ(過去、18回の舞台。2021現在)

1885年に全英アマチュア選手権の第1回が開催された歴史的なコースです。全英オープンや全英女子オープンなどの数多くのプロフェッショナルゴルファーの大会の舞台も務めました。愛称はコースのある街の名『ホイレーク=Hoylake』です。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

セント・アンドリュース ゴルフリンクス オールドコース(過去、16回の舞台。2021年現在)

世界中のゴルファーの憧れであり、聖地であり続けるコースです。英国ゴルフ協会の本部R&Aがあります。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

ロイヤル・セントジョージ ゴルフクラブ(過去、14回の舞台。2021年現在)

英国イングランドの南東部に位置する歴史のある難コースです。全英オープンの舞台としても有名で、全英オープンの舞台の中でも屈指の難度を誇ります。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

プレストウィック ゴルフクラブ(過去、11回の舞台。2021年現在)

1860年に始まった世界最古のゴルフのオープン競技『全英オープン』の生誕の地です。現在では、選手の飛距離の飛躍的な伸びに対するコース規模、大会の観客数、大会の設置施設の規模などのスケールが合わない為、全英オープンの開催舞台のローテーションからは外れてしまいましたが、一般的なゴルファーには十分な魅力的なコースです。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

ミュアフィールド(過去、11回の舞台。2021年現在)

世界最古のゴルフクラブ『オラナブル・カンパニー・オブ・エジンバラゴルファーズ』が持つゴルフコースです。全英オープンの舞台として有名で、全英オープンの舞台の中でも屈指の難度を誇るコースです。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

ロイヤル・ポースコール ゴルフクラブ(過去、7回の舞台。2021年現在)

ウェールズを代表する名リンクスコースです。全英シニア・オープンなどの開催実績、成功をふまえて、今後、様々な男女のメジャー競技が開催されるであろうと言われています。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

ロイヤル・トゥルーン ゴルフクラブ(過去、6回の舞台。2021年現在)

スコットランド西海岸の黄金のリンクスコースの一角を占める名リンクスです。全英オープンの舞台として、常連となっているコースです。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

カーヌスティ ゴルフリンクス(過去、5回の舞台。2021年現在)

全英オープンや全英シニア・オープン、全英女子オープンなどにおいて数々の名勝負を演出してきた難度の高いリンクスコースです。深いラフ、強い傾斜のグリーン、深いバンカ―、強い風がゴルファーを苦しめます。

コースに関して詳しくはこちらをクリック

過酷な闘い全英アマチュア選手権

自分の味方はキャディだけです。

一般的にゴルフラウンドをする場合、各ホールの規定打数を念頭に入れて、打数を積み重ねていきます。打数=つまり18ホールのストロークの合計であるパー72とかパー70に対しての自分の成績がいくつ上回ったか、いくつ下回ったをその日の成績として提出し、他の競技者と競います。その日の競技者全員の競技終了後、全員の成績を集計して、順位が確定します。いわゆるストローク・プレイです。

全英アマチュア選手権の場合、その年の競技参加者全員で2日間のストロークプレイ行い、上位64位までに競技者を絞り、その後、マッチプレイ方式にて、優勝者1名を決めます。マッチプレイの場合、1対1の2人のみで、18ホールを予定として勝者を決めて行きます。各ホール毎に勝敗を決めていき、相手より1打でも上回れば、そのホールの勝者となります。この競技方法の場合、ホールの規定打数より少ないバーディやイーグルをマークしても、相手も同じようにバーディやイーグルなら、そのホールの勝者とはなれません。逆に規定打数のパーや規定打数をオーバーしたボギーでも、対戦相手がそれ以上の打数であれば、そのホールを獲得することができます。マッチプレイの最大の特徴は、常にその日に競うことになる対戦相手が目の前におり、一緒にラウンドし、自分のプレイを見られ、相手のプレイを見る事になります。極端な場合、1打毎に相手に重圧をかけたり、かけられたりしながら、打数を重ねる事になり、緊張の中でのプレイを強いられます。一方的な勝負になれば、18ホールを終える前に勝負が決する場合もありますが、18ホールで勝負が決着しない場合は、19ホール、20ホールと勝負が決するまで続けなければなりません。1日18ホール、決勝戦は1日36ホールを1対1で闘い続けて、勝ち続けなければなりません。実力が必要なことは勿論の事、運も必要です。1対1の2人で1打毎、1ホール毎対戦相手のプレイを目の当たりにしながら、ティショット以外、常に異なった場所から、それぞれの競技マネージメントに徹して、競技をしなければなりません。フェアウェイのライ、ラフの状態、バンカーの砂質、グリーンのライン、速さ、傾斜などが、常に対戦相手と異なり、次打の打数ですら異なる状況の中で闘うことになります。最後に勝ち上がった1名の競技者は真のチャンピオンと呼ばれるのも当然ではないでしょうか?

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。営業電話はお断り致します。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。
(営業電話はお断り致します)

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら