全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~18:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

06-6308-8755

セント・アンドリュース

ss st andrews 1.jpg

ゴルファーにとって、憧れの場所です。ゴルフ発祥の地として知られ、世界中のゴルファーが訪れます。有名なセント・アンドリュース・ゴルフ・リンクスの7コースを始め、ゴルフ博物館、セント・アンドリュース大聖堂、廃墟セント・アンドリュ—ス城など見所も数多くあります。又、街に多く点在するゴルフショップがあり、ここでしか手に入らないセント・アンドリュースのマークの入ったグッズを買うことができます。安価な小規模なホテルから高級なリゾート・ホテルまで幅広い宿泊施設がありますのであらゆるゴルファーの要望にお応えできます。

セント・アンドリュース訪問の旅はこちら

セント・アンドリュース うんちく集

ST ANDREWS PICTURE 1(245x350).jpg

世界中のゴルファーを聖地であり、憧れの地セント・アンドリュースのうんちくを集めました。

  • セント・アンドリュース市民の人口よりセント・アンドリュース大学で学ぶ大学生の方が多いです。
  • ゴルファーの聖地であると共に、スコットランドにおけるキリスト教の聖地でもあります。キリストの12使徒の1人である聖アンドレの遺骨を乗せた船が難破し、西暦370年にこの地セント・アンドリュースに辿りついた伝説が残っています。
  • 英国の故ダイアナ妃の長男ウィリアム王子は2001年にセント・アンドリュース大学に入学し、美術を専攻し、この地で大学生活を過ごしました。
  • セント・アンドリュース大学の卒業生には、アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンが います。フランクリンはこのセント・アンドリュースの名誉市民でもあります。
  • 20世紀の偉大をゴルファーの1人と言われるジャック・ニクラスは、全英オープンを3度制しています。その3度の内、2度がセント・アンドリュース・オールド・コースです。この栄誉を湛えて彼はお札のデザインに採用されました。
  • オールド・コースの18ホールの中で世界的に有名なホールは、疑いなく1番、17番、18番です。しかし、セント・アンドリュースの地元のゴルファーが価値のあるホールとして湛えているホールは10番、11番、14番です。
  • セント・アンドリュースにある7つのコースをホーム・コースとするゴルフ倶楽部が12あります。変わった倶楽部では、『ゴルフよりお酒が好きの倶楽部』、『セント・アンドリュース大学の男子・女子のそれぞれの倶楽部』、『スコットランドの空軍兵士の倶楽部』、『ゴルフ好きの女性だけの倶楽部』、『ジュニアの為の倶楽部』、などなどです。
  • オールド・コースは週に一度の休息日があり、キリスト教上の安息日である日曜がその日です。日曜はオールド・コースをラウンドすることができません。但し、全英オープンの開催時は最終日が日曜ですがゴルフをします。
  • 日本では一般的に セント・アンドリュースと呼ばれていますが、英語の正しい発音は、セント・アンドルーズです。
  • 世界の4大ゴルフメジャー大会の一つである マスターズ の創始者のボビー・ジョーンズはこの街の栄誉市民です。彼はプロにならず生涯アマチュア・ゴルファーで過ごしました。全英オープンを3度制していますが、初参加の19歳の時、アウト・コースを10オーバーの46.イン・コースで取り返そうと臨んだ10番はダブル・ボギー、続く11番のパー3の第1打を深い左のバンカーに打ち込み、脱出に3打かかり4オン。ダブル・ボギー・パットを外した後、彼は棄権してしまいます。生涯でたった一度の棄権がこのオールド・コースでした。6年後、再びオールド・コースでの全英オープンに臨んだ彼は4日間首位であり続け、優勝しました。彼は生涯で4度全英オープンに出場し、3度優勝しています。つまり棄権した1度以外はすべて優勝の快挙です。だからこそ余計にたった一度の棄権を恥じたのです。今でも10番ホールの名前は、『ボビー・ジョーンズ』です。

セント・アンドリュース訪問の旅はこちら

必見!! セント・アンドリュース 英国ゴルフ博物館

britishgolfmuseum[1].jpg

*現在、改装を終えて再オープン致しました。*

ゴルファーの聖地セント・アンドリュース・ゴルフ・リンクス・オールド・コースの1番と18番の傍、R&A(ロイヤル&エイシャント)の建物の横に英国ゴルフ博物館はあります。500年に及ぶゴルフの歴史を写真や映像を使い紹介しています。年間6万人が訪問し、館内には約16000点のゴルフ関連のアイテムが所蔵されています。

クラブ・ライフ、創世期のプロフェショナル・ゴルフ、ゴルフのファションの歴史、全英オープンの歴代優勝者、アマチュア・ゴルファー、オリンピック・ゴルフ、ゴルフの起源、国際的な試合、R&Aの主催の試合、トム・モリス、ゴルフの道具の変遷、優勝者のスタイルなどのコーナーが設けられており、ゴルファーには非常に興味深い展示がされています。

セント・アンドリュースを訪れて際のゴルフの合間や観光の合間に、ぜひこの博物館を訪問下さい。

セント・アンドリュース訪問の旅はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeの利用も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜17:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:080-9454-5340 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

24時間以降でお客様のご都合の良い時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社担当者よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

店主の出張中はご不便をおかけしました。店主はようやく帰国致しました。

2017年10月11日

2018 年の旅の商品企画を始めました。順次、アップして参ります。弊社では、セント・アンドリュースの旅キャンペーンを実施中です。

2017年10月1日

2018年のシーズンに向けて、ご旅行の企画を行っています。順次、発表してま参ります。     

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

06-6308-8755

080-9454-5340

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

080-9454-5340

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら