\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

ロイヤル・トゥルーン・ゴルフ・クラブ

スコットランド屈指の名門リンクス

スコットランドの大都市グラスゴーから南へ約50Km離れた南西部のキンタイア湾の海岸線に偉大なコース『ロイヤル・トゥルーン・ゴルフ・クラブ』があります。1878年に設立されました。オールド(Old course)とポートランド(Portland course)の2つの18ホールを持ち、全英オープンの舞台となるオールド・コースの評価は非常に高く、スコットランド南西部の名リンクス・コースのトライアングルの1つです。この一帯には、全英オープンの発祥の地で第1回から12回まで連続で舞台となり、通算24度の舞台プレストウィック、過去4度の全英オープンの舞台ターンベリーなどが連なる黄金地帯ですから、ここロイヤル・トゥルーンへの偉大なコースの評価も妥当です。ここで開催された1982年第111回の全英オープンにおいて、倉本昌弘選手が残した4位の成績が、全英オープン史上の日本人の最高位です。

最も有名なホールは、8番パー3の『ポステージ・スタンプ(=Postage Stamp)です。わずか130ヤード程のパー3ですが、西海岸のリンクスコースの最難のホールとして恐れられています。ティー・グランドから望むと、グリーンは5つの深いバンカーと複雑な起伏の丘が取り囲んでいます。正確にグリーンにとめるショット技術が要求されます。風が吹く日、特に強い海風のアゲンストの日はとてつもなく長いプレイング・ディスタンスとなります。世界中からこのホールに挑戦しにやってくるゴルファーの姿が途絶えません。

ラテン語で書かれた 『TAM ARTE QUAM MARTE』(=タム アルテ クワム マルテ)力と頭脳を使って、攻めろ という言葉が、トゥルーンの紋章に使われています。

2024年の全英オープンの開催が内定しております。

ロイヤル・トゥルーン・ゴルフ・クラブのホール達
(オールド・コース)

1878年に開場し、その後数回の改修を経て、現在の難コースとなりました。過去、1950年を皮切りに全英オープンは9度開催されています。その他、2008年には全英シニア・オープン、6度のスコティッシュ・選手権も開催されています。最近では、2016年の全英オープンの舞台も務めました。

8番のポステージ・スタンプでは、1950年の全英オープンの際、ドイツ人のアマチュア選手ヘルマン・ティッシーズ選手は第1打をバンカーに打ち込みます。第2打以降、グリーンを挟み、バンカーを行ったり来たりし、12打でようやくグリーン・オン、スリーパットでスコアは15打でした。今も残る全英オープン史上の最多打数記録です。反面、素晴らしい記録も残っています。プロゴルファー初のグランド・スラマー(マスターズ(米)、全米オープン(米)、全英オープン(英)、全米プロ(米)の4大大会の優勝者)であるジーン・サラゼン選手は、1973年のここロイヤル・トゥルーンでの全英オープンの初日において、このホールでホールイン・ワンを記録します。翌日の2日目は、第1打をバンカーに入れた後の第2打をチップインします。2日間で 3打のみ(パー3ですから、規定打数としては、6打となる)でホールアウトする快挙を成し遂げます。

又、このコースは全英オープンの大会連覇が絡む舞台に2度なっています。1度目は、1961年と1962年のアーノルド・パーマー、2度目は、1982年と1983年のトム・ワトソンが成し遂げています。その大会連覇の舞台のコンビネーションが2度共、ここロイヤル・トゥルーンとロイヤル・バークディールだったことは興味深い偶然です。2016年の舞台はトゥルーン、翌2017年の舞台はバークディールでしたが、連覇はなされませんでした。

ロイヤル・トゥルーンを訪問する旅はこちら

ホール

ナンバー

ホール名(英語)

読み仮名

距離

(ヤード)

説明・攻め方

1

Seal

/シール

361

パー4

クラブハウスの横、海側からスタートするホール。左右に2つあるバンカーに注意が必要です。グリーン入り口からグリーンを囲む5つのバンカーに注意です。

2

Black Rock

/ブラック ロック

391

パー4

左右に1つずつ、フェアウェイ真ん中に1つあるバンカーに注意です。これら3つのバンカーの手前に第1打を止めて、グリーンを狙います。グリーン左右の4つのバンカーを避けて、グリーンを狙いたいホールです。

3

Gyaws

/ギャウズ

379

パー4

左に2つのバンカー、280ヤード付近にあるバーン(=小川)に注意し、小川の手前に止めてグリーンを狙います。グリーンを囲む3つのバンカーに注意が必要です。

4

Dunure

/ダニュール

558

パー5

左に2つあるバンカーの右側(=距離がある方)が狙いです。2打目以降、狭いフェアウェイを正確なショットで攻めたいホールです。グリーン手前の2つのバンカーに注意が必要です。

5

Greenan

/グリーンアン

210

パー3

左3つ、右に1つのバンカーを避けながら、グリーンを狙います。風の方向を見極めて下さい。

6

Turnberry

/ターンベリー

599

パー5

左に2つ、右に1つあるバンカーを避けて、第1打をショットします。2打目以降、狭く起伏のあるフェアウェイをキープしながら攻めます。グリーン左に1つ、入り口手前30ヤードの右に1つ、手前60ヤードの左に1つのバンカーがグリーンへのショットの難易度をあげています。

7

Tel-El-Kebir

/テル・エビ・ケビー

403

パー4

240~270ヤード付近、左右に2つずつのバンカーがあります。左側からセンターの方向、約300ヤード付近に2つあるバンカーが狙いです。手前3つのバンカーと奥行が長く、横幅のないグリーンを狙います。

8

Postage Stamp

/ポステージ スタンプ

123

パー3

トゥルーンを象徴するホールです。120ヤード程の距離ながら、5つの大小、深いバンカ―がグリーンを囲みます。風が吹けば、その難度は非常に高くなります。

9

The Monk

/モンク

423

パー4

左側に見える大きなバンカーの右がベストポジションです。右のブッシュと林は、ノーチャンスです。グリーン周りにはバンカーはありません。

10

Sandhills

/サンドヒル

438

パー4

ティグランドからの風景は、非常に狭く感じます。2打目以降、打ち上げ、砲台グリーンを狙います。フェアウェイ、グリーン周りにはバンカーはありません。

11

The Railway

/レイルウェイ

488

パー4

右側に線路が走るホールです。フェアウェイは狭く、かつ距離のあるホールです。グリーン左手前のバンカーをさけて、グリーンを狙います。

12

The Fox

/フォックス

431

パー4

270ヤード付近から右に少し曲がるホールです。日左手前に1つ、右に1つのバンカーを避けて、グリーンを狙います。

13

Burmah

/バルマ

470

パー4

僅かに右ドックレッグのホールです。第1打で距離が出れば、出るほど、フェアウェイが絞られ、狭くなります。グリーン周りにはバンカーがありません。

14

Alton

/アルトン

178

パー3

グリーン入り口の左右にバンカーがあります。右のさらに手前にあるバンカーが距離感を狂わせます。面積の少ないグリーンです。

15

Crosbie

/クロスビー

481

パー4

左2つ、右に1つバンカーあります。左側の遠い方のバンカーの右を狙います。2打目以降、起伏の激しいフェアウェイを確実に狙いたいです。。グリーン手前30ヤード付近にある2つのバンカー、グリーン左にある1つのバンカーがグリーンへのショットの距離感を試します。

16

Well

/ウェル

542

パー5

ティグランドから280ヤード付近にバーン(=小川)が横切ります。バーンの手前に止めて、2打目以降、徐々に狭くなるフェアウェイを攻めます。グリーンを囲むバンカー群に注意です。

17

Rabbit

/ラビット

222

パー3

ティグランドからの景色では、5つのバンカーがプレッシャーを与えます。内4つはグリーンの少し手前にあり、1つのみが実際にグリーンサイドにあります。グリーンは砲台で風をよく読んで、クラブ選択、ショットに臨むホールです。

18

Craigend

/クレイグエンド

453

パー4

左に3つ、右に1つあるバンカーはかなりフェアウェイを狭くしております。この4つのバンカー群を避けたポジションに止めて、グリーンを狙います。グリーンの手前30ヤード付近に2つ、グリーンを囲むように3つのバンカーがあり、確実にグリーンに止めるショットを要求します。グリーンの傾斜、ラインは非常に複雑です。

*7175yards / par71

英国ゴルフ・メジャーの舞台

全英オープン

1923、1950、1962、1973、1982、1989、1997、2004、2016, 2024(内定)

全英シニア・オープン

2008、

全英女子・オープン

2020、

全英アマチュア選手権

1938、1956, 1968, 1978, 2003, 2012, 

ロイヤル・トゥルーン ゴルフクラブの近郊の名リンクス

ロイヤル・トゥルーン ゴルフクラブの近郊には、全英オープンの舞台となっている2つのコースがあります。全英オープンの生誕の地 プレストウィック ゴルフクラブと過去4度の舞台 ターンベリー アイルサコースです。

プレストウィックに関して詳しくはこちら

近郊の名リンクス ウェスタン・ゲールズ ゴルフクラブ

1897年に設立された名リンクスです。大都市グラスゴーからエアシャー地方へ南に延びる鉄道と海に挟まれたリンクス大地に展開するコースは、設計者が不詳なのが不思議な位、観戦されたデザイン、攻略性、景観を持つコースです。

ホール

ナンバー

愛称(英語/日本語)

説明・攻め方

1

Station

/ステーション

310ヤード/パー4.クラブハウスの南側からスタートするオープニングホールです。フェアウェイにバンカーはありません。2打目以降、波打つフェアウエイに惑わされずに第2打に臨みます。グリーン手前右のポットバンカーに注意です。

2

Railway

/レイルウェイ

434ヤード/パー4.右に鉄道の路線が見えます。若干の左ドッグレッグのデザインです。フェアウェイの左に2つ、右に1つバンカーがあります。左のバンカーの右が第1打のラインです。2打目以降、砲台グリーンの右手前にある2つのバンカー、左の深いバンカ―に注意して、グリーンを狙います。

3

Arran

/アラン

387ヤード/パー4.右にドッグレッグしています。フェアウェイは狭く、フェアウェイ200ヤード付近右に3つ並ぶバンカーに注意して、その左側が第1打のラインです。2打目以降、縦長の砲台グリーンを狙います。グリーン右手前のポットバンカーに注意です。

4

Irvine

/アーヴァイン

417ヤード/パー4.フェアウェイは左から右へ傾斜しています。フェアウェイ左に見えるバンカーの右が第1打のラインです。右に並ぶ3つのバンカーを上手く避けて、2打目に臨みます。グリーン入り口をガードする3つのバンカーを避ける必要があります。

5

Bunker's Hill

/バンカーズ ヒル

500ヤード/パー4.ここからの10ホールは海岸線近くにホールが続きます。ほぼストレートのデザインの距離のあるパー4です。ティグランドから見える左のバンカー群が第1打のラインです。2打目以降、グリーンエッジまで50~100ヤード付近にある左右の三つのバンカーを上手く避けて、グリーンまで進みます。グリーン入り口の3つのバンカーが安易なグリーン・オンを許しません。

6

Lappock

/ラップポック

498ヤード/パー5.アウトコース唯一のパー5です。右ドッグレッグにデザインされたホールです。右側からなだらかにせり出しているラフの丘がグリーンまでのフェアウェイをブラインドとします。遠くに見えるクラブハウスの赤い屋根の右が第1打のラインです。2打目以降、フェアウェイにバンカーありませんが、細く絞られた波打つフェアウェイ、左右にある深いラフが正確なショットを要求します。靴底形状の砲台グリーンの左手前20ヤード程の深いポットバンカーに注意してグリーンをヒットします。グリーン周りはバンカーはありませんが、グリーンの端はすべて外に向けて下りのスロープが施されています。

7

Sea/シー

198ヤード/パー3.高台のティグランドからは、グリーンの一部分のみが見えます。ティグランドからグリーン入り口、左側からグリーンの奥まではすべて深いラフと起伏のある丘です。グリーン右の3つのバンカーは見えますが、左に隠れた3つのバンカーは見えません。若干打ち下ろしていきますが、海岸線が近いことで、その日の風の向きと強さがこのホールの難度を左右します。

8

Burn

/バーン

393ヤード/パー4.高台のティグランドからは第1打のフェアウェイの着地点が見えません。ティグランドからフェアウェイに通じる小道が第1打のラインです。フェアウェイ右は深いラフの丘です。2打目以降、グリーン右の3つのバンカー、左の1つのバンカーに注意が必要です。グリーンの入り口から10ヤード付近にクリークが横切っています。

9

Halfway

/ハーフウェイ

336ヤード/パー4.距離のあまりないパー4です。ほぼストレートなホールデザインです。ティグランドからフェアウェイに通じる小道の上が第1打のラインです。2打目以降、うねるフェアウェイ、グリーン入り口から25ヤード付近にある3つのバンカーを上手く避けて、細長い砲台グリーンを狙います。

10

Ailsa

/アイルサ

349ヤード/パー4.フェアウェイ左に2つのバンカーが見えます。その右が第1打のラインです。2打目以降、グリーンを囲む3つのバンカー、グリーンの入り口10ヤード付近を横切るクリークに注意です。グリーンの面には複雑な傾斜があり、パッティングに神経を使います。

11

Plateau

/プラトー

477ヤード/パー4.右ドッグレッグのデザインの距離のあるパー4です。右から迫る深いラフの丘とフェアウェイの境目が第1打のラインです。2打目以降、フェアウェイの先に見える1つのバンカーの右奥にグリーンがあります。グリーン右手前には深いポットバンカーがあります。

12

Dyke

/ダイク

470ヤード/パー4.若干右ドッグレッグの距離のあるパー4です。フェアウエイのコーナーにむけて第1打に臨みます。2打目以降、細く絞られたフェアウェイをすすみます。グリーンエッジから25ヤードに1つ、グリーン左右に1つずつあるバンカーに注意です。グリーン面の左半分は右への下り傾斜です。

13

Barassie

/バラシー

154ヤード/パー3.ティグランドからグリーンに向けての風景は広がって見えます。しかし、実際は7つの大きなバンカーがグリーンを完璧に取り囲んでいます。目視はできませんが右一帯は海岸線です。その日の風が距離のあまりないパー3の難度を握っています。グリーンの手前にクリークがあります。

14

Whins

/ウィンス

592ヤード/パー5.ここから海岸線に別れを告げて、コースの内陸部に入ります。インコース唯一のパー5です。ストレートなデザインのホールです。遠くに見えるクラブハウスが第1打のラインです。2打目以降、左右に距離ごとに設置された左右のバンカーを上手く避けながら、グリーンまで進みます。グリーン入り口左右のバンカーに注意し、2段の傾斜を持つグリーンに挑戦します。

15

Heather

/ヘザー

194ヤード/パー3.いくつかのティグランドがありますが、そのすべてのティグランドからも難度の高いホールです。グリーン入り口15ヤード付近に2つのバンカーがあります。グリーンは5つの大小のバンカーが取り囲んでいます。グリーンは中央に向けて下りの傾斜があります。

16

Camp

/キャンプ

428ヤード/パー4.ティグランドから220ヤード付近に左に2つ、右に3つのバンカーがフェアウェイを絞っています。2打目以降、グリーン手前30ヤード付近にクリークが横切ってます。グリーン左右の2つのバンカーに注意が必要です。グリーン手前からクリークに向けて、下りの傾斜になっています。

17

Ridge

/リッジ

470ヤード/パー4.右に見えるクラブハウスの左端が第1打のラインです。左に見えるバンカーは絶対にさけなければなりません。2打目以降、320ヤード付近で一度途絶えたフェアウェイはすぐ左側に再び現れます。砲台グリーン右手前のバンカーに注意が必要です。

18

Home

/ホーム

407ヤード/パー4.フェアウェイ左側の遠くにスタート室の小屋が見えます。その右が第1打のラインです。2打目以降、グリーン左手前20ヤードから40ヤード付近に並ぶ3つのバンカー、グリーン周りを囲む4つのバンカーに注意です。グリーン面の傾斜は大小様々な傾斜があり、非常に複雑なパッティングラインを演出します。

近郊の名リンクス ダンドナルド ゴルフリンクス

全英オープンの舞台の常連 ロイヤル・トゥルーン ゴルフクラブ、全英オープン史上多くの歴史的な戦いの舞台 ターンベリー・アイルサコース、1860年全英オープンの生誕の地 プレストウィック・ゴルフクラブ。スコットランド南西部には数多くの名リンクスが連なります。その名リンクス地帯の一つにダンドナルド・ゴルフリンクスがあります。もともとはサウザーン・ゲイルズと呼ばれ(サウスは南。サウザーンは南側)、東(=イースト)に現存するイースタン・ゲイルズ ゴルフクラブとゲイルズ地区の東側と南側という位置付けでした。1900年代初頭からリンクスコースとしての秘めた可能性は知られていたものの、ターンベリーと同様、第2次世界大戦中は空軍の基地としての役割りに土地を奪われ、リンクスコースとしてはゴルファーには認識されていませんでした。戦後、空軍が去り、ようやくゴルフコースとして再出発の際に、コース名をダンドナルド・ゴルフリンクス(=Dundonald Golf Links)と改めました。その後は、欧州ゴルフツアーの出場資格を争う試合の予選会場や全英シニアオープンの予選会場の舞台を務めてきました。2015年と2016年には、スコットランド・レディス・オープンを2年連続で務め、2017年、レディス・オープンは3年連続の開催し、同年、男子のスコットランド・オープンも開催されました。スコットランド南西部への訪問の際は、ぜひ立ち寄りたいリンクスコースです。

詳しくはこちらをクリック

ホール

ナンバー

距離

(ヤード)

説明・攻め方

1

410

パー4

クラブハウスの北側からスタートするオープニングホールです。左に1つあるバンカーまで約270ヤードです。第2打目以降、細長い砲台グリーンに向けてショットします。グリーン右手前20ヤードと左手前12ヤードにある深いバンカ―に注意が必要です。

2

365

パー4

左に見えるバンカーまで250ヤード程です。このバンカー以降、少し右に向きを変えます。第1打は、このバンカーの右がラインです。2打目以降、砲台グリーンを狙います。グリーン手前の深いバンカ―は絶対に避けなければなりません。

3

510

パー5

右側のクリーク(=ウォターハザード)がグリーン手前まで続きます。フェアウェイ正面左側に見えるバンカーまで240ヤードです。このバンカーと右のクリークの間が第1打のラインです。2打目以降、グリーン手前100ヤードあたりでフェアウェイを右側から続いていたクリーンが横切ります。横切ったクリークの先に新たにグリーンまでのフェアウェイが続きます。グリーン右手前のバンカーに注意です。

4

175

パー3

グリーン入り口はひらけています。手前にバンカーはありません。ティグランドからの確認できませんが、左の小山の奥にあるグリーン左のバンカーは避けて下さい。グリーンは基本的に手前から奥への登りです。ピン位置までしっかりと届くクラブを選択してください。

5

515

パー5

第1打はフェアウェイ左に見えるバンカーの右がラインです。2打目以降、緩やかに左に向きを変えながら、下っていった先にグリーンがあります。グリーンが近くなるにつれて、フェアウェイは絞られて、波打つようになります。グリーンは2段グリーンで、その境の傾斜は非常に強いです。グリーン左の深いバンカ―は絶対に避けなければなりません。

6

135

パー3

ティグランドから見て、グリーンの方が少し高い位置にあります。手前に深い谷とクリークがある砲台グリーンです。グリーン左手前と右奥のバンカーは深く、絶対に避けたいです。グリーンは四方からの傾斜が入り組み、非常に複雑です。

7

370

パー4

210ヤード付近で緩やかに左に向きを変えるドッグレッグホールです。フェアウェイ右に見えるバンカーまで270ヤード程です。第1打は、右のバンカーと左のコーナーの間がラインです。2打目以降、砲台グリーンに向けて、しっかりと止まるショットが必要です。グリーンの端は外側への傾斜が強く、ボールをグリーン外の谷底へ落とします。

8

340

パー4

左に線路が続くストレートなパー4です。フェアウェイ左のバンカーまで240ヤード程です。左のラフは大変深いです。2打目以降、グリーン手前に水の流れる溝があります。三角形のグリーンは手前から奥へ登ります。やはり砲台グリーンです。

9

360

パー4

ティグランドに立つとフェアウェイに2つの大きなバンカーが見えます。バンカーまでは220ヤードです。2つの内、右側のバンカーが第1打のラインです。2打目以降、グリーン手前10ヤード程の距離にフェアウェイを遮りようにクリークがあります。砲台グリーン右手前2つのバンカーにも注意し、第2打に臨みます。このグリーンは、すり鉢状のデザイン、即ち真ん中に集まる傾斜をしています。逆に言えば、グリーン外からのアプローチが大変難しくなります。

10

375

パー4

ティグランドからの風景は、非常に狭く感じます。ティグランドからグリーンまで緩やかに左にカーブしていくホールデザインです。第1打は、左からせり出す小山とフェアウェイの境目の上です、2打目以降、グリーン左の2つのバンカーに注意が必要です。グリーンは真ん中へのすり鉢状です。

11

120

パー3

少し打ち上げのグリーンを狙う距離のあまりないパー3です。グリーン手前3つの深いバンカ―を避けて、複雑な傾斜を持つグリーンに臨みます。

12

330

パー4

左一帯はすべてO.Bです。フェアウェイ左1つ見えるバンカーはあまり気になりません。ティグランドから薄っすらと見えるグリーンの右端が第1打のラインです。2打目以降、砲台グリーンの右にある3つバンカーに注意してショットします。比較的フラットなグリーンです。

13

360

パー4

フェアウェイの左一帯がO.Bです。右に1つ見えるバンカーまで220ヤードです。あまり距離のないパー4ですから、飛距離よりも正確性を重視です。レダン型のグリーンを3つのバンカーがガードします。砲台で2段グリーンです。

14

500

パー5

細いフェアウェイに向けて、第1打に臨みます。フェアウェイ右に見える1つのバンカーまで220ヤード程です。グリーン手前110ヤード付近のフェアウェイから右に少し方向を変えます。この付近の左に池があります。グリーンは砲台の卵型です。

15

170

パー3

砲台グリーン左手前の2つの深いバンカ―を避けて、グリーンまで十分に届くクラブ選択が重要です。グリーン右の山のさらに右は深いラフが続いており、ロストボールの可能性が高まります。

16

405

パー4

ティグランドからほぼストレートにフェアウェイが続き、最後グリーン手前で少し右に向きを変えていきます。フェアウェイ右に見えるバンカーの左が第1打のラインです。2打目以降、グリーン左の深いバンカ―は避けて、2段グリーンに臨みます。

17

385

パー4

ティグランドから暫くフェアウェイがなく、薄いラフです。フェアウェイ左ある3つのバンカーの右端が第1打のラインです。2打目以降、ストレートにグリーンが見渡せます。グリーン左の小さなバンカーに注意です。

18

515

パー5

ティグランドからグリーンまで細い三日月のホールデザインです。フェアウェイ右に見える2つのバンカーまでは250ヤード程です。2打目以降、グリーンから120から140ヤード付近にフェアウェイを陣取る3つのバンカー。グリーン手前25ヤードからグリーン右側へ回り込んでいるクリークに注意です。約45ヤードの奥行のあるグリーンは、2段グリーンで傾斜の非常に複雑です。

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら