\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

2022年 イングランドの宝石 

イングランドの全英オープンの舞台に挑戦します。

厳選された特別な旅です。お一人様!大歓迎!!

      9月11日(日)  10月16日(日)  2022年

            の2本を設定しました。

イングランド中西部のリンクス黄金地帯に点在する名リンクスを味わい尽くします。

お日にち

都市

日程内容

食事

日程01

成田空港

羽田空港

関西空港

航空機にて、欧州都市や中東都市を経由し、イングランドのマンチェスターへ。

*機内泊*

夕:機内

日程02

経由地

マンチェスター

リバプール

又は

サウスポート

*経由地にて乗り継ぎ時間があります。

着後、ホテルへ。

長旅の疲れをお取り下さい。

*リバプール 又は サウスポート 泊*

朝:機内

昼:各自

夕:各自

日程03

リバプール

又は

サウスポート

 近郊の全英オープンの舞台コースの内、1コースを1ラウンドです。

ロイヤル・リバプール・ゴルフクラブ、ロイヤル・バークディール・ゴルフクラブ、ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフ。又は、ゴルフ・コース・カテゴリーの①の内、1ラウンドです。

*リバプール 又は サウスポート 泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

日程04

リバプール

又は

サウスポート

  近郊の全英オープンの舞台コースの内、1コースを1ラウンドです。

ロイヤル・リバプール・ゴルフクラブ、ロイヤル・バークディール・ゴルフクラブ、ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフ。又は、ゴルフ・コース・カテゴリーの①の内、1ラウンドです。

*リバプール 又は サウスポート 泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

日程05

 リバプール

又は

サウスポート

終日自由行動です。

近郊の人気観光地 湖水地方やチェスターなどをお訪ね下さい。

*リバプール 又は サウスポート 泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

日程06

リバプール

又は

サウスポート

 近郊の全英オープンの舞台コースの内、1コースを1ラウンドです。

ロイヤル・リバプール・ゴルフクラブ、ロイヤル・バークディール・ゴルフクラブ、ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフ。又は、ゴルフ・コース・カテゴリーの①の内、1ラウンドです。

*リバプール 又は サウスポート 泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

日程07

リバプール

又は

サウスポート

 近郊の全英オープンの舞台コースの内、1コースを1ラウンドです。

ロイヤル・リバプール・ゴルフクラブ、ロイヤル・バークディール・ゴルフクラブ、ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフ。又は、ゴルフ・コース・カテゴリーの①の内、1ラウンドです。

*リバプール 又は サウスポート 泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

日程08

リバプール

又は

サウスポート

マンチェスター

マンチェスター空港へ。

帰国の途につきます。

 

*機内泊*

朝:各自

昼:各自

夕:機内

日程09

経由都市

成田空港

羽田空港

関西空港

帰国。

朝:機内

出発日

2022年 :  9月11日(日), 10月9日(日)

お問合わせ人数の目安4名様以上~10名様程度。お一人様大歓迎!!
費用の目安

2人部屋利用の場合のお1人様

 エコノミー・クラス: \498,000.- 円

1人部屋利用の追加代金: \90,000.- 円

注)ファースト・クラスやビジネス・クラスをご希望の場合はお問い合わせ下さい。

 

 

 世界最古のゴルフのオープン競技 全英オープンの舞台を務めるイングランドのコースに挑戦頂きます。

 日本~英国の航空機のエコノミークラスの費用を含めております。

 キャセイパシフィック航空、アシアナ航空、大韓航空などのアジア系航空会社の利用予定です。場合により他の航空会社を利用する場合があります。

 添乗員又は、現地係員がお世話致しますので安心です。行程中の移動の専用車の費用を含みます.

 イングランド北西部に連なるリンクス黄金地帯の難コースに挑戦頂きます。

 燃油サーチャージ, 各地の空港使用料、各種の税金等は含みません。別途、必要です。

   他のお客様との混載となる場合があります。

     利用予定ホテルは、3つ星クラスホテルです。又はB&Bやレンタル・ロッジの場合があります。さらにランクの高いホテルをご希望の方はお問い合わせ下さい。追加費用を含めて善処致します。

  食事条件:朝食5回です。昼・夕は各自となります。ゴルフのスタート時間や航空機の時間・その他、都市間の移動の為に朝食が各自となる場合がございます。

含まれるもの・含まれないもの

(含まれるもの)

宿泊費用、ゴルフ4ラウンド、空港~ホテル~ゴルフコース間の移動の費用、航空機の費用、現地でのお世話係の費用。

(含まれないもの)

キャディ費用や手引きカートの費用、昼食及び夕食の費用、飲み物や個人的な費用、燃油サーチャージ+税金+空港使用料、日本国内の移動費用(ご自宅~空港)、

 及び、上記の“含まれるもの”以外のもの。

 注)詳しい日程表、条件書をお取り寄せ下さい。

 

  リバプール近郊には、全英オープンの舞台となるリンクスは3コースあります。

 このご旅行では、可能な限り3つの全英オープンの舞台に挑戦頂けますように計らいます。

 (3コースすべてのラウンド確約ではありませんが、善処致します)

(ゴルフ・コース・カテゴリー①)

 ・ヒルサイド・ゴルフクラブ

 ・フェアーベン・ゴルフクラブ

 ・サウスポート&エインズダール・ゴルフクラブ

 ・フォームビー・ゴルフクラブ

 ・ウェスト・ランカッシャ-・ゴルフクラブ

 ・ウォラシー・ゴルフクラブ

 ・カルディ・ゴルフクラブ

 ・ヘスケス・ゴルフクラブ

 

(店主の想い)

英国でゴルフに行きたいとなると、目的地としてやはり聖地セント・アンドリュースが一番に思いつきます。では、次は何処かというと・・・ 個人様の印象や思いに因って様々であると思いますが、店主が次にお奨めしたいのがこのイングランド中西部のリバプールの一帯です。現代において全英オープンの開催コースは、8コースがほぼ常連になっています。そのうち3コースがこのエリアに存在します。ロイヤル・リバプール(過去12回開催)、ロイヤル・バークディール(過去9回開催)、ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフクラブ(過去11回開催)の3コースです。その他のエリアで全英オープンの舞台が3コースも存在するのは、セント・アンドリュース・ゴルフ・リンクス オールド・コース、ミュアフィールド、カーヌスティ・ゴルフリンクスの3コースが点在するエリアがありますが、この3つのコースは厳密に一帯と呼ぶには3つのコース間は若干離れておりますし、連なった立地という感じは弱いかもしれません。その点、イングランド中西部は最大数の集中度です。さらにこのイングランド中西部のエリアにはこの3つの全英オープンの舞台に連なるように多くの名リンクスが存在します。ゴルフに疲れたら、近郊の人気観光地、湖水地方、チェスターがありますし、サッカーならリバプールに2チーム、マンチェスターに2チームがあります。首都ロンドンまで列車で2~3時間の距離でもあります。つまり、ここはゴルファーの天国でもあり、観光地としても超一流と言えます。玄関口のマンチェスター空港は、イギリスで第2の規模を誇る空港です。

ここを訪問する事は、必然ではないでしょうか?

ロイヤル・リバプール・ゴルフクラブについて

イングランド中西部の名リンクス

イギリス中西部の人気観光地の湖水地方から南へ海岸沿いにウェールズへ向けて、宝石のように輝く素晴らしゴルフ・コースが連なります。有名なゴルフ・コースだけでも、ロイヤル・リザム&セント・アンズ、ロイヤル・バークディール、ロイヤル・リバプールと全英オープン開催の常連コースが3つもあります。現状、9コースで開催コースをローテーションしている事を考えると実に3分の1がこの地域にある事になります。

例えばリバプールあたりに宿を確保して、半径30Kmの範囲に以下の輝くリンクス・コースがあります。

*ロイヤル・バークディール・ゴルフ・クラブ : 6879yards / Par70

過去9回の全英オープン開催の実績を誇ります。白いクラブハウスが印象的なコースで、反時計まわりに展開するホールは風との戦いを強いられます。店主の印象はただ一言『信じられない程タフ』です。

*サウスポート&エインズダール・ゴルフ・クラブ : 6507yards / Par72

バークディール⇒このコース⇒ヒルサイドと3つのコースが連なります。名前とコ‐スデザインでは、バークディールには及ばないものの、コースの素地はタフそのものです。当然ながら、風の難度は超1級品です。1930年代には、ライダーカップも開催された名コースです。特に16番のパー5は必見です。

*ヒルサイド・ゴルフ・クラブ : 6472yards / Par72

 1923年に会場したコースで、バークディール、サウスポート、ヒルサイドの3つのコースでは一番新しいです。アップダウンがないコースデザインですが、深いバンカーや大小のこぶがショットの距離感を惑わせます。

*フォムビー・ゴルフ・クラブ : 6701yards / Par72

松林に広がるアウト・コースと海沿いに広がるイン・コースの2つの表情があるコースです。他にレディース用にコースとクラブハウスを持つ裕福なコースです。

*ウェストランカッシャー・ゴルフ・クラブ : 6601yards / Par72

この一帯に連なる名リンクスの中ではリバプールに一番近いコースです。狭いホールや距離のあるホール、ブラインドホールやドックレッグなど大変変化に富んだホール構成です。

*ウォラシー・ゴルフ・クラブ : 6503yards / Par72

日本ではあまり馴染みのない競技方法ですが、スティブルフォード方式を考案したMRスティブルフォード氏はここのメンバーでした。そして、このコースで彼はこの方式を思いつきました。

*ロイヤル・リバプール・ゴルフ・クラブ : 7128yards / Par72

イングランドで2番目に古いコースです。マージー川とディー川の2つの大きな川に挟まれた半島に横たわります。一見したところ優しい表情ですが、ラフやバンカーは深く、フェアーウェイに大小のこぶがあり、難しいさは超1級品です。地元では『ホイレーク』という呼び名で親しまれています。

ご質問はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら