\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

カーヌスティ・ゴルフリンクス

スコットランド屈指の難リンクス

carnustie course (450x154).jpg

スコットランド北部の東海岸一帯は壮大な砂地(=リンクス)が続いています。その一帯にある小さな村の名前はそのまま”カ—ヌスティ”で、最寄の鉄道の駅は”ゴルフ・ストリート”駅です。この地に1840年頃にカ—ヌスティ・クラブが発足したと言われています。1999年の24年ぶりの全英オープンの開催に合わせて新しくなったホテルの前から1番ホールをスタートし、基本的に時計周りにホールが進みます。しかし、各ホールがすべて異なった方向に向くように設計されており、風向きが毎ホール変化します。さらに18ホール中7ホールに絡む小川(=バーン)がコースをより一層難しくしています。

1931年の初開催を皮切りに過去8回の全英オープンを開催しています。そのすべての優勝者はゴルフの歴史に名を残す実力者ばかりです。1953年は、飛行機嫌いで有名な米国のベン・ホーガンが生涯でたった一度出場し、優勝しました。この年の彼は、4月のマスターズ6月の全米オープン、そしてこの7月の全英オープンメジャー3試合連続優勝の偉業を達成しています。彼は6番ホール・パー5の左側のO・B(アウト・オブ・バーンズ)と3つの大きなバンカー群の間にある狭いフェアーウェイに4日間すべて正確なドライバー・ショットを打ち、4日間連続のバーディを重ねました。彼が見つけたこの狭い攻略ルートは、危険だがバーディを確実に取る為の近道だったのです。以後、6番ホールは『Hogans Alley』(=ホーガンの小路)と呼ばれています。1975年は、通算5度の全英オープンのタイトルを獲得しているアメリカのトム・ワトソンがプレーオフの末、全英オープン初出場・初優勝を遂げました。この年は、全英オープンの歴史上、18ホールによるプレイオフが最終日の翌日に行われる最後の年でした。(現在の全英オープンのプレイオフは、4ホールのストロークプレイの合計により決定しています。)プレーオフの日の朝、見知らぬ女の子から幸運の白い花をもらい、優勝しました。スコットランドでは、通常は紫色をしたヘザー(=ヒース)の中で稀にある白い花は、4つ葉のクローバーと同様に幸運のアイテムとして信じられています。ワトソンは、貰った花を暫く大事に持っていたそうです。彼は生涯で5度の全英オープンの栄冠を勝ち取っていますが、1975年カーヌスティ、1977年ターンベリー、1980年ミュアフィールド、1982年ロイヤル・トゥルーン、1983年ロイヤル・バ-クデイールと僅か9年間で5度という素晴らしい勝率を誇っています。その記念すべき足跡はここから始まっています。

hogan memorial.jpg

 

そして、『カ—ヌスティの悲劇』として有名なのが、1999年の大会です。1975年以来24年ぶりに開催された大会で、フランスのジャン・ヴァン・デ・ヴェルデ選手は大会最終日の17番を終えて、2位に3打差をつけて首位で18番を迎えました。最後のホール18番・パー4を6打以下のダブル・ボギー以下で上がれば優勝という状態から、第1打のドライバー・ショットを右に曲げ、17番ホールのレギュラー・ティの前、バリー・バーン(=小川)まで10ヤード程の位置に打ってしまいます。さらに2打目は8番アイアンでレイ・アップ(=刻む)し、18番のフェアウェイに戻そうと試みますがまたしても右に打ち、18番の観覧席のフェンスに当たったボールは、バーンの石垣にはねて右の深いラフにいきます。第3打は深いラフに阻まれて、殆ど距離がでず、すぐ前のバリー・バーン(=小川)に入れてしまいます。一度はウォーター・ショットを試みようとスパイクを脱ぎ、バーンに入りますが、結局あきらめて、1打のペナルティを払い、5打目をグリーン手前のバンカーへ。バンカーから2打で収めたものの、このホールをトリプル・ボギーのとしてしまいます。結局、勝負は3選手のプレイ・オフになりましたが、優勝は大会の地区予選から勝ち上がった地元の選手にさらわれて、彼は負けてしまいます。

過去8回の全英オープンの優勝スコアの平均は、ほぼパープレイの4日間288(Par72x4ラウンド)ストロークです。カ—ヌスティがいかに難コースかを証明しています。このコースで開催された全英オープンでは、同一の選手が2度以上勝ったことはありません。

カーヌスティ!カ—ヌスティ!

ゴルファーの多くは、聖地セント・アンドリュースの訪問に憧れます。オールド・コースでのラウンドを『生涯で1度はしたい!』と夢みます。1度経験すると2度目のラウンドに憧れます。聖地セント・アンドリュースの持つ魔力です。

しかし、店主である私の場合はここカーヌテスティに憧れます。チャンピオンシップ、バーンサイド、ブットンの3コースがありますが、憧れは勿論チャンピオンシップです。過去8度の全英オープンの舞台になったコースです。カ—ヌスティには、ゴルフを難しくさせるすべての要素が揃っています。強い風、深いバンカー、深く手強いラフ、固いフェアウェイ、うねったグリーン、長い距離、小川が絡むハザード。1番から18番まで18ホールすべてに難しくする要素が含まれています。特に14番からの上がり5ホールは究極の難しさです。世界で一番難しい上がり5ホールと言っても過言ではありません。ゴルフは忍耐のスポーツであると再認識させられます。スコアがつけられない事もしばしばです。グリーン上でカップにボールを沈めてホールアウトしてから、グリーンを離れながら指折りスコアを数えます。

しかし、不思議にファイトが湧いてきます。1打でも少なく上がりたいと挑戦欲が身体を満たすのです。パーでもボギーでもないのです。トリプルボギーやダブルパーを超えたところにある呼び名のないスコアにもかかわらずです。最終18番パー4のグリーンが近ずいて来るとコースの背景に見える白亜のホテルがラウンドの終わりを告げます。心も体も打ちのめされているにもかかわらず、やりきった感が自分自身を労わります。

また明日1番ティーに立ちたくなる不思議で魅力的なコースがここカ—ヌスティです。

canustie ex.jpg

英国ゴルフ・メジャーの舞台

全英オープン

1931, 1937, 1953, 1968, 1975, 1999, 2007, 2018,

全英シニア・オープン

2010、2016

全英女子オープン

2011, 2021,

全英アマチュア選手権

1947, 1966, 1971, 1992, 2015,

カ―ヌスティ・ゴルフリンクスのホール達

carnustie 18H FLAG.jpg

ホールナンバー

ホール名

(英語/日本語)

説明

1

Cup/カップ

389ヤード/パー4.左はバーン(=小川)、右には2つの大きなバンカーが待ち受けます。しかも、フェアウェイは右に傾斜しています。セカンド・ショットは、ブラインドとなり、グリーンが見えない為、正確な距離の判断が必要です。

2

Gulley/ガーリー

407ヤード/パー4.フェアウェイの左右に点在する深いバンカーに注意して、ティーショットの正確性が求められます。グリーンは縦長の3段グリーンの為、カップが切られているとグリーン面への正確なショットが求められます。

3

Jockies Burn/

ジャキ―ズバーン

325ヤード/パ―4.距離の短いパー4.フェアウェイに散らばる深いバンカー群を絶対に避けることが必要です。グリーン手前の小さく細いバーンを超えてすぐにグリーンがあります。

4

Hillocks

/ヒルロックス

364ヤード/パー4.右ドックレッグのホール。左サイドへのミス・ショットは大きなトラブルとなります。コース唯一のダブル・グリーン(14番との共有グリーン)のホールです。

5

Brae/バレー

369ヤード/パー4.ロングヒッターは、280ヤード付近のフェアウェイを横切るバーンに注意が必要です。グリーンは強い傾斜を持つ縦長で、ピンの位置によっては3〜4番手の差がでます。グリーン左の2つの深いバンカーに注意です。

6

Hogans Alley

/ホーガンズアレー

500ヤード/パー5.左サイドにアウト・オブ・バーンズ(=OB)が続くホールです。1953年の全英オープンで優勝したベン・ホーガンは、4日間共ティーショットを右サイドの3つのバンカーとアウト・オブ・バーンズ(O.B)との間に運び、確実にバーディに結び付けて、勝利しました。アウト・コース唯一のパー5です。

7

Plantation

/プランテーション

373ヤード/パー4.6番続き、左にアウト・オブ・バーンズ(O.B)が続くホールです。左右のフェアウェイ・バンカーに注意が必要です。グリーン奥に深いくぼみがある為、グリーンを手前から攻めることが重要です。

8

Short/ショート

157ヤード/パー3.コースおいて最初でアウト・コース(O.B)で唯一のパー3です。左サイドのグリーンまで続くアウト・オブ・バーンズに注意が必要です。又、グリーン右の2つのバンカーを避ける事も重要です。グリーンはお椀型をしており、しっかりとグリーンに止める事が要求されます。

9

Railway

/レイルウェイ

416ヤード/パー4.ほぼ真っ直ぐの緩やかに打ち下ろすホールです。左に1つ、右に2つのバンカーに注意です。グリーン入口が開けている為、ランを使いやすいホールです。

10

South America

/サウス アメリカ

417ヤード/パー4.フェアウェイ右サイドの3つのバンカーに注意が必要です。グリーン手前40ヤードにバーンが横切っている為、正確かつロングショットの2打目が必要です。

11

Dyke/ダイク

351ヤード/パー4.距離は短いが、左右のバンカー群に注意が必要です。グリーンは高低差の大きい2段となっている為、切られているピンと同じ面へのショットが重要です。

12

Southward HO

/サウスワード ホー

407ヤード/パー4.右に多く深い2つのバンカーがあり、右サイドへのミス・ショットを避けることが必要です。グリーン手前は開けていますが、グリーンより少し距離のある位置に配された左右のバンカーに注意が必要です。グリーン手前から一段低くグリーンがあります。

13

Whins

/ホワインズ

141ヤード/パー3.アゲインストの風が吹けば、難度が数段あがるパー3です。グリーンを囲むバンカー群に注意しながら、奥行きはあるが幅のないグリーンを攻めます。

14

Spectacles

/スペクタクル

459ヤード/パー4.ティーショットは左のバンカー群に注意が必要です。グリーンの手前にある2つの大きく深いバンカーがグリーン面を隠すブラインドとなります。グリーン手前のバンカーを越えてからからグリーンまでは下って行きます。

15

Lucky Slap

/ラッキー スラップ

437ヤード/パー4.正確でかつロング・ショットが必要です。風やティーショットの出来次第では、第2打をレイ・アップする判断も必要です。グリーン手前30ヤードから下り面が始まり、左右には深いバンカーがあります。

16

Barry Burn

/バリーバーン

235ヤード/パー3.上がり3ホールに絡むバーン(=小川)を左に見ながら、臨む距離のあるパー3です。グリーン入り口が深いバンカーが囲み、花道を狭くし、しかも砲台グリーンの為、風の強い日にグリーンをヒットすることが非常に困難なホールです。

17

Island/アイランド

421ヤード/パー4.フェアウェイに2度絡むように蛇行するバーンに注意が必要です。ティーショットはバーンの間の島のようなフェアウェイを確実にとらえる必要があります。グリーン周りの深いバンカーに注意が必要です。

18

Home/ホーム

421ヤード/パー4.ティショットは、左右に流れるバーンの間、すなわちフェアウェイの真ん中への正確性が求められます。グリーンへのショットは、再び手前を横切るバーンに注意が必要です。

店主が選ぶ名ホール

1953年生涯1度のみの全英オープン出場
そして、優勝!!

店主が独断で選ぶ名ホールは・・・正直に言って、すべてです。店主にとって、ここカ—ヌスティは聖地です。名ホールを選ぶのが本当に難しいです。オープニング・ホールの1番は、左に深いラフとバーン(=小川)を見ながら、左を避けた右へのショットを2つの大きな深いバンカーが待ち受けます。2打目以降、グリーン手前の右からの小高い丘がグリーンの大部分を隠して、ブラインドとなります。しかも丘とグリーンの間には深いバンカーが待ち受けます。2番は左右にある無数の深いバンカーを避けてティショットに成功しても、縦長の手前から急激に3段階に登るグリーンへのショットで距離感を試されます。しかもグリーンの左右には深いバンカーがあります。3番は右ドックレッグのホールでティショットの着地点になるフェアウェイや左右に無数の大小様々な深いバンカーがあります。しかもグリーンの手前には小さな溝(=現地ではダッチと呼ばれます。)があります。などなど一つ一つのホールが名ホールなのです。敢えて挙げるなら、最後のあがり3ホールです。16番(=バリーバーン)は、2段グリーンで200ヤードを軽く超えるパー3です。グリーンの左右入り口には深いバンカーが待ち構え、左はラフやバーンまで転がる急激な砲台グリーンです。強く吹く風がティショットの番手を迷わし、早いグリーンを演出します。続く17番は、”アイランド”と呼ばれる難ホールです。フェアウェイを2度”バーン”(=小川)が斜めに蛇行しながら横切り、ティショットの着地地点に”アイランド”(=島)を作り上げています。狭い左側は、バーンを超える為のティショットに求められる距離は短いものの、飛びすぎと左すぎるショットはバーンの餌食となります。右側へは、ティショットにバーンを超えるしっかりした距離を求められます。2打目以降、グリーン手前の右にある深く大きなバンカーと大きなグリーンが持ちうけます。しかも、450ヤードのパー4です。最終18番の"ホーム”と呼ばれ、ティショットと2打目以降で2度バーンを超えることを要求するパー4です。フェアウェイ右の3つの連なった深いバンカー、フェアウェイの両サイドのラフは深く、脱出が困難です。このホールのグリーン手前を横切るバーンの右側にあるのが、1999年『バンデ・ヴェルデの悲劇』の舞台となった場所です。全英オープン史上に残る悲劇の場所ではありますが、そのメモリアル・マークが非常に小さく目立たないのは、敗れたバンデ・ヴェルデが、フランスの選手であったこと、最終的に勝ったのが、地元のポール・ローリーだったからであるからと思うのは店主だけでしょうか??!!

最後に18ホールで唯一のパー5の6番の”ホーガンの小路”ですが、左側に続く浅いO.Bと右に3つ連なるバンカー。しかも、3つのバンカーが手前から順に少しずつ右側へ向けて広がるように配置されています。しかもバンカーの大きさが順に大きくなっていく困難なホールです。ティショットに成功しても、2打目以降、ダッチと呼ばれる小さなバーンが右側からホールの幅を絞ってきて、左側に続くO.Bとの間を正確に打つことを要求されます。グリーンは右側に位置し、ホールを通じて、正確さがキーワードです。正確なショットが武器であったベン・ホーガンが1953年にここで開催された全英オープンにおいて、大会4日間すべてこのホールでバーディを獲得し、このホールを完全に攻略したことを称えたホールです。

詳しくはこちらをクリック

カーヌスティの近隣の名リンクス 
モントローズ ゴルフクラブ(1562設立)

ホールナンバー

ホール名(英語/日本語)

説明

1

Scurdy

/スカディ

391ヤード/パー4.オープニング・ホールは、クラブハウス前からの海へ向けてスタートします。左にある2つのバンカーの右側が第1打に狙い目です。2打目以降は打ち上げです。

2

Bents

/ベンツ

391ヤード/パー4.ここから6ホールは海沿いにホールが展開します。右に海を見ながら風に注意して、第1打は狭いフェアウェイを狙います。グリーン周りにはバンカーはありません。

3

Table

/テーブル

154ヤード/パー3.その名の通りテーブルのような形状のグリーンです、海からの風の中、グリーンをしっかりと捉える性格なショットが必要です。

4

Butts

/バッツ

365ヤード/パー4.右側の海岸とフェアウェイにある深いブッシュと左側のブッシュに囲まれたフェアウェイは狭く、正確な第1打、グリーンへのショットは手前にある2つのバンカーが距離感を狂わせます。

5

Hillock

/ヒルロック

292ヤード/パー4.海に向けて第1打を打ちます。第1打の落ちどころは、打ち上げででこぼこしています。第2打以降は短き番手で打てます。

6

Sandy Braes

/サンディ ブレア

490ヤード/パー5.再び右に海を見ながら、風に注意し第1打を打ちます。グリーンの少し手前にあるバンカーとグリーン周りの3つのバンカーがグリーンへのショットに迷いを誘発します。

7

Whins

/ウィンズ

368ヤード/パー4.距離はあまりありませんが、左のバンカーに注意して第1打を打ちます。右側が高いグリーンの傾斜に注意してグリーンをヒットします。

8

Valley

/ヴァーレイ

329ヤード/パー4.ここも距離はありません。フォローの風(=テール・ウィンド)なら第1打はグリーンにかなり近くまでいきます。

9

Jubilee

/ジュビリー

444ヤード/パー4.左一帯にグリーンまで続くブッシュに注意が必要です。フェアウェイやグリーン傍に重要なバンカーはありません。

10

Girdle

/ガードル

395ヤード/パー4.打ち下ろしに第1打は広いフェアウェイに向けて打てます。グリーン右の3つのバンカーは要注意です。

11

James Melvill

/ジェームス メルヴィル

450ヤード/パー4.右側一帯に続くブッシュに注意が必要です。距離があるホールの為、2打目以降、大きな番手が必要です。

12

Pouderie/ポウデリー

176ヤード/パー3.グリーン右手前の4つのバンカーが曲者です。花道はなく、風への対処と正確な距離感でグリーンを狙います。

13

Gates

/ゲート

320ヤード/パー4.距離はありませんので、左のフェアウェイバンカーの右側が狙い目です。グリーン手前の3つのバンカーは深く避けることが重要です。

14

Curlie

/クーリー

414ヤード/パー4.左右に続くブッシュに注意し、第1打を狙います。2打目以降、ひょうたんの形をしたグリーンのどこに乗せるかがポイントです。

15

Wilderness

/ウィルダーネス

555ヤード/パー5.第1打のフェアウェイは広く、思い切って打てます。2打目以降、左右から迫るブッシュの中、グリーンへのショットに取り掛かります。グリーン右のバンカーは避けるべき対象です。

16

Gully

/ガーリー

235ヤード/パー3.距離のあるパー3です.グリーンは奥行きがあるため、距離感を試されます。グリーンの傾斜はかなりのうねりがあります。

17

Rashies

/ラシュイズ

418ヤード/パー4.右のO.B。左一帯のブッシュに注意して第1打を打ちます。グリーンは急激な砲台グリーンで、しっかりとグリーンをヒットすることがポイントです。

18

Deans's Drive

/ディーンズ ドライブ

363ヤード/パー4.第1打は正面に見える建物が目標です。距離もあまりなく、フェアウェイから第2打以降を打てれば、攻略がしやすくなります。

このコースは難度も手頃ですから、友人やゴルフ仲間とのマッチプレイには大変適しています。ぜひトライしてください。

 

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら