\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

アイルランド・イギリスゴルフ旅行
便利グッズ

アイルランド・イギリス ゴルフ旅行に持っていくもの

golf shop.jpg

ゴルフ用具関連

 基本的に日本でお使いになり、使い慣れているゴルフクラブのセットをアイルランドやイギリスにお持ちになることを強くお奨めします。

軽量バックでのラウンドをお薦めします。可能であれば、スタンド式バックの購入も1案です。軽量バックはポケットの多いものが便利ですし、スタンドとして立てた時、足が十分に広がり、出来るだけ低い状態になるものが風に強く、倒れ難いです。担いで歩く際に両肩に背負えるように2本のバック・ベルトがあるものがいいです。また、手引きカートとゴルフバックを固定するベルトのようなもの(航空機に預ける荷物を縛るベルトや自転車の荷台に荷物を固定するゴム紐など)があると便利です。さらに、航空機にゴルフ・バックを預ける際のトラベル・バックご準備下さい。ゴルフ・クラブの荷作りの際、クラブの破損を防ぐ為、タオルやクッション等でゴルフ・クラブを包んで下さい。万が一の破損に備えて、可能であれば、ドライバーは2本用意する事を検討下さい。

 風対策のゴルフ・クラブも準備下さい。ゴルフ・ラウンドの際は、規定の14本よりも少ない本数でのラウンドも検討下さい。日本からお持ちになる本数は、14本ではなく、使う事を想定して、多くお持ちになり、現地にて14本以下に調整してください。

 雨天用や防寒の為の暖かい毛糸の帽子をご準備下さい。靴下も厚手のもので多めの量をご準備下さい。手袋等も数枚準備下さい。ラウンドの服装は、日本での早春の服装を基本として下さい。

 スポーツ・タオルとクラブ拭きの2種類のタオルをご用意下さい。

 可能であれば複数のスパイクをご準備下さい。防水処置を施したものが好ましいです。靴底はソフト鋲のものかソフト・スパイク、スパイクレスが望ましいです。多めのボールが必要ですが、航空機の荷物重量制限による追加代金の問題もありますので考慮下さい。現地でも購入可能です。比較的風に強いハードカバーのボールをお薦めします。

 雨具は、丈夫な傘と厚手(裏生地が保温性の高いもの)のレイン・ウェアをご準備下さい。又、セーターやベスト、ウィンドブレーカーは必ずご準備下さい。又は、現地で購入すれば、思い出深いお土産になります。

 ウィスキー・ボトルや水筒等も必要に応じてご準備下さい。使い捨てカイロ等もご準備下さい。特にウィスキーをいれる水筒は、ヒップフラスコやスキットル、フラスクボトルとも呼ばれ、冬はもちろん、夏でも活躍します。又、現地で購入すると、素敵なお土産にもなります。

乾燥に対する薬品や各自での常備薬もご準備下さい。サングラス、化粧水や日焼け止めも準備下さい。

 英文でのハンディキャップ・カード(=証明書)を準備下さい。


服装関連

 基本的にゴルフをプレイする際のクラブハウスへは、ジャケットやタイは不要です。夜、クラブハウスのレストランで夕食やちょっとしたレストランで夕食を取る際は、ジャケットとネクタイ、革靴があれば便利です。

 ゴルフ・ラウンドは、襟付きのシャツにてお願いします。ゴルフ・シャツの枚数は、半袖と長袖を半分ずつを目安に準備下さい。夏は半袖を多く、春や秋は長袖を多くするバランスです。カーゴ・パンツやジーンズでのゴルフはできません。

半ズボンにてプレイの場合は、膝まであるソックスを利用下さい。

セーター等の温かい服をご準備下さい。又は現地で購入されると思い出深いお土産になります。

 1年中通じて、ヒートXXXのような撥水性と保温性の高い上下の下着を1セット程度ご準備下さい。これらの衣服は丸めれば場所を取りませんので、夏の旅行の際もご準備下さい。

 夏でも簡易のカイロをご準備下さい。夏は少な目、春や秋は多い目にご準備下さい。ラウンドの際にゴルフ・バックに少量を入れておいてください。

 雨や風から体温を守る為、撥水性の良い、軽量で厚めの丈夫なレイン・ウェアを準備下さい。アウトドアやトレッキングを扱う会社が販売しておりますウィンドブレーカーが軽くて、丈夫で、コンパクトで使いやすいです。例:M社のト〇〇ト フ〇〇ヤー ジャケットなど。或いは、ダウン・ベストのような両手の袖がないタイプのものも、スィングがし易くお奨めです。又は現地で購入すれば、思い出深いお土産になります。

 せっかくのアイルランドやイギリスでのゴルフです。日本で普段には身に着けない色合いやデザインのゴルフウェアを選択して下さい。

 衣料圧縮袋や洗濯ものを室内で干す道具(=折り畳みハンガーや洗濯もの干し)があると便利です。


その他

 レンタカーを利用の際は、国際免許を必ず取得下さい。アイルランドやイギリスは、日本と同じく車両が左側通行の為、運転はし易いです。

 基本的に多くの施設でWifiが整備されています。ハンディサイズのパソコンをお持ちなるとアイルランドやイギリスでの様子をSNSと通じて配信できます。

カメラやビデオなど必要に応じてご準備下さい。充電器や予備のSDカード・電池も準備下さい。

 日本で両替をされる場合は、10ポンド紙幣を多くしてご準備下さい。イギリスへ入国後に両替をされる場合も、10ポンド紙幣を多く含めて両替ができるように相手係り員に依頼下さい。『モア・スモーラー・ウィズ・テン・パウンド。』というとしてくれます。イギリスでは、多く金融機関や両替所で円からポンドへ両替が可能です。アイルランド共和国(南アイルランド)の通貨はポンドではなく、ユーロです。同様に10ユーロ紙幣が多くなるようにご準備下さい。

 クレジットカードを1~2枚は準備下さい。その際にカードの4ケタの暗証番号を必ず把握しておいて下さい。現地で使用する際は、サインではなく、暗証番号を使用するケースが多いです。この暗証番号はクレジットカード自体に記入しないで下さい。

 パスポートのコピーは必ず準備下さい。旅行傷害保険の証書の原本もお持ち下さい。

アイルランド・イギリスの気候・気温に関して詳しく

アイルランド・イギリスゴルフ旅行の持ち物
チェック・リスト

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行へおでかけの際、用意する荷物の確認にお使い下さい。

(ゴルフ用品関連)

□ 軽量のゴルフ・バック □ トラベル・バック(ゴルフ・バック用) □ タオル(汗ふきとクラブふき) □ スパイク(出来れば2足) □ ボール □ ドライバー2本(可能であれば)□ スパイクの鋲の予備 

(服装関連)

□ 雨具 □ 帽子 □ セーター □ カイロ □ 水筒 □ 乾燥防止の薬品 

□ カメラ

□ 厚手の靴下 □ ヒートテック製品の上下のアンダーウェア □ 洗濯物を干すもの 

□ ベルト(手引きカートとゴルフバックを固定) □ ジャケット+ネクタイ □ ゴルフシャツ(長袖+半袖)

□ 衣料圧縮袋 □ ゴルフ・スラックス(半ズボンの場合はハイソックス)

□ スリッパ(上履き)

(その他)

□ パスポート □ 常備薬(胃腸薬、カットバン、酔い止め、鎮痛薬、風邪薬、栄養ドリンク、下痢止めなど)□ 携帯やカメラの充電器 □ クレジットカードと現金 □ 旅行傷害保険の原本 □1回分のお着換えを入れるサイズの布バック

注意)機内持ち込みが禁止されているものに注意下さい。

   各航空会社の機内預けの制限重量にご注意下さい。超過費用が請求されます。

 


 機内への持ち込みを禁止されているものが入っていないことを確認下さい。

 各航空会社が規定している重量制限を厳守下さい。超えている場合、超過費用を

                請求されます。

無料相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

時差ボケ対策!!

旅の準備グッズとは異なりますが、イギリスやアイルランドで楽しく過ごす為に気を付けたいのが時差ボケです。時差ボケになると楽しさも半減してしまいます。そこで時差ボケ対策に有効な方法を紹介します。

 旅行前
陽に当たらないように心がける
「短い昼寝」を1日の中に組み込む
目的地が日本を起点に、「東方向 例:アメリカなど」なら1週間前から早寝早起きを、「西方向 例: 欧州」なら遅寝遅起きして睡眠リズムを整える

 機内では・・・・
機内食は出来るだけ食べる。(機内では現地のリズムに合わせて食事を準備していますので、現地の時間に体が慣れやすいです。)
現地時間に時計を合わせて生活利済みを意識する。(航空機に乗ったら、まず時計を目的地の時刻に合わせてしまいましょう。目的地の時間に体が慣れやすくなります。)

 到着後の現地では・・・
日本時間のことはスッパリと忘れる。(あくまで目的地の時刻で生活してください。)
日中に到着した場合には、夜になるまで寝ないで我慢する。
どうしても眠い場合には、最大2時間程度の昼寝をする。
現地の日光をたくさん浴びて、体内時計をリセットさせる

上記の3段階に分けて、しっかりと対策を取っておけば時差ボケで体調を崩すなんてこともなくなります。一番のポイントは「現地時間にご自身を合わせる」ということ。いかに自分の脳をだますかが、とても大切です。

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら