\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

全英シニア・オープンについて

全英シニアオープン(The Senior Open Championship presented by Rolex)は、1987年に第1回が、スコットランド南西部のターンベリー・ゴルフリゾートにて開催されました。この時は単にゴルフのシニア大会の一つ大会としての開催でした。1992年からは同年に創設されたヨーロピアン・シニアツアーに組み込まれ、2003年からはアメリカのシニアツアーであるチャンピオンツアーのメジャー大会の1つとして開催されています。毎年7月の全英オープンの翌週に開催されるのが習わしとなっています。全英オープンと同じくR&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ)が主催しています。設立当初は、数年続けて同じコースで行われていた大会もありましたが、2003年のメジャー競技への昇格後は、毎年コースを変更し、しかもリンクスコースやパークランドコースなど様々なタイプのコースにて開催されるようになりました。メジャー競技への昇格前ですが、日本の須貝昇選手が2002年にアイルランドのロイヤル・カウンティダウンにて優勝を遂げています。又、毎年、多くの日本人シニアプレイヤーが全英シニア・オープンに参戦しています。この大会の優勝者は、翌年の全英オープンへの出場資格が与えられます。

歴代の優勝者と開催コースに関して

 年度

開催会場

優勝者

優勝者国

優勝スコア

1987

Turnberry Ailsa

Neil Coles

England

279(-1)

1988

Turnberry Ailsa

Gary Player

S.Africa

272(-8)

1989

Turnberry Ailsa

Bob Charles

New Zealand

269(-11)

1990

Turnberry Ailsa

Gary Player

S.Africa

280(0)

1991

Royal Lytham&St-Annes Golf CLub

Bobby Verwey

S.Africa

285(-1)

1992

Royal Lytham&St-Annes Golf CLub

John Fourie

S.Africa

282(-2)

1993

Royal Lytham&St-Annes Golf CLub

Bob Charles

New Zealand

291(+7)

1994

Royal Lytham&St-Annes Golf CLub

Tom WargoU.S.A280(-8)

1995

Royal Portrush Golf Club

Brian Barns

Scotland

281(-7)

1996

Royal Portrush Golf Club

Brian Barns

Scotland

277(-11)

1997

Royal Portrush Golf Club

Gary Player

S.Africa

278(-10)

1998

Royal Portrush Golf Club

Brian Huggett

Wales

283(-5)

1999

Royal Portrush Golf Club

Christy O'connor Jnr

Ireland

282(-6)

2000

Royal County Down Golf Club

Christy O'connor Jnr

Ireland

275(-9)

2001

Royal County Down Golf Club

Ian Stanley

Australia

278(-6)

2002

Royal County Down Golf Club

Noboru Sugai

Japan

281(-3)

 

以降。メジャー大会へ昇格

 

 

 

2003

Turnberry Ailsa

Tom Watson

U.S.A

263(-17)

2004

Royal Portrush Golf Club

Pete Oakley

U.S.A

280(-4)

2005

Royal Aberdeen Golf Club

Tom Watson

U.S.A

280(-4)

2006

Turnberry Ailsa

Lorren Roberts

U.S.A

274(-6)

2007

Muirfield

Tom Watson

U.S.A

284(0)

2008

Royal Troon Golf Club

Bruce Vaughan

U.S.A

278(-6)

2009

Sunningdale Golf Club

Lorren Roberts

U.S.A

268(-12)

2010

Carnoustie Golf Links

Bernhard Langer

ドイツ

279(-5)

2011

Walton Heath Golf Club

Russ Cochran

U.S.A

276(-12)

2012

Turnberry Ailsa

Fred Couples

U.S.A

271(-9)

2013

Royal Birkdale Golf Club

Mark Wiebe

U.S.A

271(-9)

2014

Royal Porthcawl Golf Club

Bernhard Langer

Germany

266(-18)

2015

Sunningdale Golf Club

Marco Dawson

U.S.A

264(-16)

2016

Carnoustie Golf Links

Paul Broadhurst

England

277(-11)

2017

Royal Porthcawl Golf Club

Bernhard Langer

Germany

284(-4)

2018St-Andrews Golf Links Old CourseMiguel Angel JimenezSpain276(-12)
2019 Royal Lytham&St-Anns Golf ClubBernhard LangerGermany274(-6)
2020Sunningdale Golf ClubCancelled  
2021Sunningdale Golf ClubStephan DoddWales267(-13)
2022Glen Eagles Golf Resort   

全英シニアオープン観戦の旅はこちら

全英シニア・オープンを彩った選手達

・トム・ワトソン:3度の優勝(2003年ターンベリー ホテル&ゴルフ リゾート アイルサコース、2005年ロイヤル・アバディーン ゴルフクラブ、2007年ミュアフィールド)ミスター・リンクスと呼ばれたアメリカのトム・ワトソンは、全英オープンを5度制しています。全英オープンと全英シニア・オープンの両方では、通算8度となります。しかも、開催地としてターンベリー アイルサコースとミュフィ―ルドの舞台では、全英オープンと全英シニア・オープンの両方に勝利しています。

・ベルンハルト・ランガー:通算4度の優勝(2010年カーヌスティ ゴルフリンクス、2014年ロイヤル・ポースコール ゴルフクラブ、2017年ロイヤル・ポースコース ゴルフクラブ、2019年ロイヤル・リザム&セント・アンズ ゴルフクラブ)を誇ります。 2003年に全英シニア・オープンがメジャー競技に昇格してからの4度の栄冠です。残念ながら、全英オープンでの勝利はありませんが、アメリカのマスターズ・トーナメントを2度制しています。パットやショットでのイップスを克服し、息の長い選手生活を続けています。

・ゲーリー・プレイヤー:メジャー競技に昇格前ですが、1988年と1990年のターンベリー ホテル&ゴルフ リゾート アイルサコース、1997年ロイヤル・ポートラッシュ ゴルフクラブにおいて、通算3回の優勝を成し遂げています。彼自身、全英オープンにおいても、1959年ミュアフィールド、1968年カーヌスティ ゴルフリンクス、1974年ロイヤル・リザム&セント・アンズ ゴルフクラブの通算3度の優勝を成し遂げています。生涯において世界のメジャー大会すべてに勝利を収めるグランド・スラマーである彼は、シニアの年齢になってからも、欧米のシニア・ツアーにおけるメジャー大会に勝利しております。

お問合せはこちらへ

店主目線 2016年の見どころ

全英シニアオープンが2003年にメジャーに昇格してから、2016年で第14回目の開催になります。まず店主が注目するのは、アメリカのトム・ワトソン選手です。5度の全英オープンを制したミスター・リンクスと呼ばれた選手です。1975年のカーヌスティでの初優勝を皮切りに5回の大会すべて異なった舞台で勝利しています。そして、全英シニアオープンでも、すでに3度の優勝を成し遂げています。同一コースで行われた全英オープンと全英シニアオープンの両方を2度ずつ制しているのは彼のみです。1978年の全英オープンと2003年の全英シニアオープンのターンベリー、1980年の全英オープンと2007年の全英シニアオープンのミュアフィールド、そして、2016年の全英シニアオープンは、カーヌスティで開催されます。1975年にここカーヌスティの全英オープンを制しています。当然ながら3度目の同一コースでの両オープンの優勝に期待が高まります。そして、前回のカーヌスティでの全英シニアオープンを制したドイツのベルハルト・ランガー選手にも期待が集まります。全英オープンこそ獲得はしていませんが、1985年と1993年の2度マスターズを制したメジャーチャンピオンであり、いつまでも衰えない非常にいきの長い選手の一人です。又。この大会はシニア・ルーキーがメジャー・チャンピオンとなる事が多い大会でもあります。50歳未満までのレギュラーツアーではあまり活躍が出来なった選手がこの大会に優勝するケースが結構あります。過去、何度も全英シニア・オープン、全英女子オープンの舞台を務め、数多くのヨーロピアン・ツアーの大会を開催してきた名門コースでの熱き戦いにご期待下さい。

ご質問はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら