\x3C/script>'); }());

全英オープンの舞台、英国でゴルフはいかがですか?イギリス・ゴルフ旅行・観光ツアーのエルデ・トラベル・サポートにお任せください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目12-15 新大阪龍馬ビル 603号

営業時間

10:00~17:00
(メールは24時間受付)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

090-3915-1953

素朴なリンクス!!
地元市民に愛されるリンクスを訪ねる旅

➀エジンバラから東へ向かって イーストロジアン編

 特別企画!! 

 ずっと昔から長い年月、地元ゴルファーがずっと愛して通い続けた

 リンクスコースを訪ねます。エジンバラから東に向かって!!

お日にち

都市

行程内容

食事

第1日

成田空港・羽田空港

 

日本各地の空港を出発します。

*機内泊*

 

 

夕:機内

   第2日

経由都市

エジンバラ 又はグラスゴ―

ダンバー

経由地にて乗り継ぎ時間があります。

着後、ダンバーへ。

*ダンバー 又は近郊泊*

朝:機内

昼:機内

夕:各自

第3日

ダンバー

 

 

 ダンバー ゴルフクラブにて1ラウンドです。1856年設立、市民に愛されるコースは、18ホール中4番から17番までの14ホールが海沿いに展開する名リンクスです。

*ダンバー 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第4日

ダンバー

 

 アイモス ゴルフクラブやケズウィック ゴルフにて1ラウンドです。素朴ながら市民に愛されるリンクスです。

*ダンバー 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第5日

ダンバー

 

休日です。

*ご希望によりゴルフラウンドの手配を承ります。空き状況により手配できない場合もあります。

(別費用)

 *ダンバー 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第6日

 ダンバー

 ノース・ベリック ゴルフクラブにて1ラウンドです。1832年設立のコースは、長いゴルフの歴史を今に伝えます。グリーンの入り口すべてを城壁が遮る13番、グリーン形状の配置を斜めにおいてホールの難度を高める15番レダンは世界中のパー3のデザインに影響を与えました。又は、スコティッシュ・オープンの舞台を何度も務めたガラン ゴルフクラブにて。

*ダンバー 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第7日

ダンバー

エジンバラ 又は

グラスゴー

経由都市

空港へ。

帰国の途につきます。

*機内泊*

朝:各自

昼:各自

夕:機内

第8日

成田空港・羽田空港

 

帰国

朝:機内

出発日

2022年:  9月13日(火), 9月22日(火),

     10月9日(日)、10月23日(日)

⇒9月出発の実施は決定済みです。

お問合わせ人数の目安2名様以上~4名様限定。お一人様大歓迎!!
費用の目安

2人部屋利用の場合のお1人様

 エコノミー・クラス: \398,000.- 円

 1人部屋利用の追加代金:\80,000.- 円

注)ファースト・クラスやビジネス・クラスをご希望の場合

は、お問い合わせ下さい。

 

 

 エジンバラ東部の近郊にひっそり佇み、今も地元市民に愛される名コースにご案内致します。基本的に手引きカート利用となります。

 日本~英国の航空機のエコノミークラスの費用を含めております。

 カタール航空、エミレーツ航空などの中東系航空会社を利用予定です。場合により他の航空会社を利用致します。

 現地係員がお世話致しますので安心です。

 必要な移動手段の費用を含みます。

 燃油サーチャージ, 各地の空港使用料、各種の税金等は含みません。別途、必要です。

   他のお客様との混載となる場合があります。

     利用予定ホテルは、3つ星クラスホテルです。又はB&Bやレンタル・ロッジの場合があります。さらにランクの高いホテルをご希望の方はお問い合わせ下さい。追加費用を含めて善処致します。

  食事条件:朝食4回です。昼・夕は各自となります。ゴルフのスタート時間や航空機の時間・その他、都市間の移動の為に朝食が各自となる場合がございます。

含まれるもの・含まれないもの

(含まれるもの)

宿泊費用、ゴルフ3ラウンド、空港~ホテル~ゴルフコース間の移動の費用、航空機の費用、現地でのお世話係、又は添乗員の費用。

(含まれないもの)

キャディ費用や手引きカートの費用、昼食及び夕食の費用、飲み物や個人的な費用、燃油サーチャージ+税金+空港使用料、日本国内の移動費用(ご自宅~空港)、

 及び、上記の“含まれるもの”以外のもの。

 注)詳しい日程表、条件書をお取り寄せ下さい。

(店主のお勧めポイント)航空機に乗って、長い時間をかけてスコットランドを訪ねるゴルファーが、全英オープンの舞台やプロフェショナル・トーナメントの試合に使用されるコースを目指すのは当然な事です。しかし、このような有名なコースだけではありません。スコットランドには、スコットランド人ゴルファーが遥か昔から長い間脈々と引き継がれながら、今も地元ゴルファーに愛される名リンクスが数多くあります。有名なコースに比べ、コースの難度は高くないかもしれませんが、地元ゴルファーが集る場所にお邪魔し、スコットランドのゴルフライフを味わいませんか?!きっと、『エンジョイしろよ!!』とか『我々のコースはどうだい!!??』とメンバーから話しかけられるでしょう!

お問合せはこちら

②エジンバラから西に向かって
   スコットランド西海岸とキンタイヤ―半島編

 特別企画!! 

 ずっと昔から長い年月、地元ゴルファーがずっと愛して通い続けた

 リンクスコースを訪ねます。エジンバラから西海岸へ向かって!!

 そして、キンタイヤ―半島へ向かって!!

お日にち

都市

行程内容

食事

第1日

成田空港・羽田空港

 

 

日本各地の空港を出発します。

*機内泊*

 

 

夕:機内

  第2日

経由都市

エジンバラ 又はグラスゴ―

トゥルーン

経由地にて乗り継ぎ時間があります。

到着後、トゥルーン 又は近郊へ。

*トゥルーン 又は近郊泊 *

朝:機内

昼:機内

夕:各自

第3日

トゥルーン

 

 

 全英オープン生誕の地 1851年設立 プレストウィック ゴルフクラブ、1898年設立 手強いままの歴史的なリンクス ウェスタン・ゲールズ ゴルフクラブ、1894年設立 林間コースの風合いの9ホールとリンクスの風合いの9ホールからなるキルマーノック ゴルフクラブなどから1ラウンドです。

*トゥルーン 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第4日

トゥルーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンベルタウン

 

全英オープン生誕の地 1851年設立 プレストウィック ゴルフクラブ、1898年設立 手強いままの歴史的なリンクス ウェスタン・ゲールズ ゴルフクラブ、1894年設立 林間コースの風合いの9ホールとリンクスの風合いの9ホールからなるキルマーノック ゴルフクラブなどから1ラウンドです。

夕刻のフェリーにてキンタイヤ―半島の先キャンベルタウンへ。

*キャンベルタウン 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第5日

キャンベルタウン

 

 1876年設立 広大は原野に横たわるリンクス マクリハニッシュ ゴルフリンクスにて1ラウンドです。

 *キャンベルタウン 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第6日

 キャンベルタウン

 

アラン島

 

トゥルーン

フェリーを乗り継ぎ、アラン島を通り、トゥルーンへ戻ります。

途中、予約がお取りできれば12ホールで構成されたシスキーン ゴルフクラブへご案内します。

*トゥルーン 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第7日

トゥルーン

エジンバラ 又は

グラスゴー

経由都市

空港へ。

帰国の途につきます。

*機内泊*

朝:各自

昼:各自

夕:機内

第8日

成田空港・羽田空港

帰国

朝:機内

出発日

2022年:  9月13日(火), 9月22日(火),

     10月9日(日)、10月23日(日),

 ⇒9月出発の実施は決定済みです。

お問合わせ人数の目安2名様以上~4名様限定。お一人様大歓迎!!
費用の目安

2人部屋利用の場合のお1人様

 エコノミー・クラス: \398,000.- 円

 1人部屋利用の追加代金:\80,000.- 円

注)ファースト・クラスやビジネス・クラスをご希望の場合

は、お問い合わせ下さい。

 

 

 スコットランド南西部の海岸沿いにひっそり佇み、今も地元市民に愛される名コースにご案内致します。また、キンタイヤ―半島の先にあるリンクス マクリハニッシュ ゴルフリンクスにもご案内します。基本的に手引きカート利用となります。

 日本~英国の航空機のエコノミークラスの費用を含めております。

 カタール航空機やエミレーツ航空などの中東系航空会社を利用予定です。場合により他の航空会社を利用致します。

 現地係員がお世話致しますので安心です。

 必要な移動手段の費用を含みます。

 燃油サーチャージ, 各地の空港使用料、各種の税金等は含みません。別途、必要です。

   他のお客様との混載となる場合があります。

     利用予定ホテルは、3つ星クラスホテルです。又はB&Bやレンタル・ロッジの場合があります。さらにランクの高いホテルをご希望の方はお問い合わせ下さい。追加費用を含めて善処致します。

  食事条件:朝食4回です。昼・夕は各自となります。ゴルフのスタート時間や航空機の時間・その他、都市間の移動の為に朝食が各自となる場合がございます。

含まれるもの・含まれないもの

(含まれるもの)

宿泊費用、ゴルフ3ラウンド、空港~ホテル~ゴルフコース間の移動の費用、航空機の費用、現地でのお世話係、又は添乗員の費用。

(含まれないもの)

キャディ費用や手引きカートの費用、昼食及び夕食の費用、飲み物や個人的な費用、燃油サーチャージ+税金+空港使用料、日本国内の移動費用(ご自宅~空港)、

 及び、上記の“含まれるもの”以外のもの。

 注)詳しい日程表、条件書をお取り寄せ下さい。

(店主のお勧めポイント)航空機に乗って、長い時間をかけてスコットランドを訪ねるゴルファーが、全英オープンの舞台やプロフェショナル・トーナメントの試合に使用されるコースを目指すのは当然な事です。しかし、このような有名なコースだけではありません。スコットランドには、スコットランド人ゴルファーが遥か昔から長い間脈々と引き継がれながら、今も地元ゴルファーに愛される名リンクスが数多くあります。有名なコースに比べ、コースの難度は高くないかもしれませんが、地元ゴルファーが集る場所にお邪魔し、スコットランドのゴルフライフを味わいませんか?!きっと、『エンジョイしろよ!!』とか『我々のコースはどうだい!!??』とメンバーから話しかけられるでしょう!

スコットランド南西部の海岸沿いには、英国のゴルフメジャー 全英オープンの舞台 ロイヤル・トゥルーン ゴルフクラブ、ターンベリー ゴルフリゾート アイルサコース、プレストウィック ゴルフクラブなど名リンクスに並びます。その同じ並びにウェスターンゲールズ ゴルフクラブ、キルマーノック ゴルフクラブなどなど1800年後半から1900年始めにかけて設立され、100年以上の長い年月、地元のゴルファーに愛されたゴルフコースがあります。これらのコースは海側に展開するリンクスコースです。ラウンド中に海に目を向けるその先には広大で南北に長く伸びて複雑な海岸線を有するキンタイヤ―半島の姿が確認できます。そのキンタイヤ―半島の先にあるリンクスがマクリハニッシュ ゴルフリンクスです。その難度は自然に委ねられています。比較的に穏やかな日は優しく微笑みをもって、我々ゴルファーをもてなしてくれます。雨や風がひどくなる日はその難度は想像を絶します。白球を弄び、我々ゴルファーから体温を奪い、ゴルファーの自信をも粉々にし、ゴルフを嫌いにまでさせます。しかし、どちらも自然に中で行うゴルフの本当の姿なのかもしれません。そのような本来のゴルフを地元市民は長きにわたり愛し、ゴルフコースを愛し、ゴルフクラブを愛し続けて来たことがよく理解できると思います。やはり、我々の顔を見かけると・・・『エンジョイしたか?』という言葉や視線を投げかけてきます。

お問合せはこちら

③ エジンバラから南へ
  スコットランドとイングランドの交差点へ。

 特別企画!! 

 ずっと昔から長い年月、地元ゴルファーがずっと愛して通い続けた

 リンクスコースを訪ねます。エジンバラから南に向かって!!

 スコットランドとイングランドが交わる場所へ!!

お日にち

都市

行程内容

食事

第1日

成田空港・羽田空港

 

日本各地の空港を出発します。スコットランドのエジンバラやグラスゴーへ。

*機内泊*

 

 

 

夕:機内

  第2日

経由都市

エジンバラ 又は

グラスゴ―

カーライル

経由都市にて乗り継ぎ時間があります。

着後、カーライルへ。

*カーライル 又は近郊 泊*

朝:機内

昼:機内

夕:各自

第3日

カーライル

 

 

 1947年設立 サザネス ゴルフクラブ、1903年設立 パフフット ゴルフクラブ、1892年設立 シロス・オン・ソルウェイ ゴルフクラブなどから1ラウンドです。

*カーライル 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第4日

カーライル

 

 1947年設立 サザネス ゴルフクラブ、1903年設立 パフフット ゴルフクラブ、1892年設立 シロス・オン・ソルウェイ ゴルフクラブなどから1ラウンドです。

*カーライル 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第5日

カーライル

 

 

基本的に休日です。

*ご希望により英国屈指の人気観光地 湖水地方へご案内します。湖水地方での過ごし方にかかる費用は現地でお支払い下さい。

 *カーライル 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第6日

 カーライル

一路、ケルソーへ。

 シュロス ロクセンバラ ゴルフコースにて1ラウンドです。海沿いのリンクスコースでありませんが、スコットランド・ゴルフコースのベスト100にランクされるコースです。2001年と2005年のスコティッシュ・シニア選手権の舞台にもなりました。

*ケルソー 又は近郊泊*

朝:ホテル

昼:各自

夕:各自

第7日

ケルソー

エジンバラ 又は

グラスゴー

経由都市

空港へ。

帰国の途につきます。

*機内泊*

朝:各自

昼:各自

夕:機内

第8日

成田空港・羽田空港

帰国

朝:機内

出発日

2022年:  9月13日(火), 9月22日(火),

     10月9日(日)、10月23日(日)

  ⇒ 9月出発の実施は決定済みです。

お問合わせ人数の目安2名様以上~4名様限定。お一人様大歓迎!!
費用の目安

2人部屋利用の場合のお1人様

 エコノミー・クラス: \398,000.- 円

 1人部屋利用の追加代金:\80,000.- 円

注)ファースト・クラスやビジネス・クラスをご希望の場合

は、お問い合わせ下さい。

 

 

 エジンバラから南部に向かい、スコットランドとイングランドの境に点在する名リンクスとスコットランド内陸部のコースにご案内します。基本的に手引きカート利用となります。

 日本~英国の航空機のエコノミークラスの費用を含めております。

 カタール航空、エミレーツ航空など中東系航空会社を利用予定です。場合により他の航空会社を利用致します。

 現地係員がお世話致しますので安心です。

 必要な移動手段の費用を含みます。

 燃油サーチャージ, 各地の空港使用料、各種の税金等は含みません。別途、必要です。

   他のお客様との混載となる場合があります。

     利用予定ホテルは、3つ星クラスホテルです。又はB&Bやレンタル・ロッジの場合があります。さらにランクの高いホテルをご希望の方はお問い合わせ下さい。追加費用を含めて善処致します。

  食事条件:朝食4回です。昼・夕は各自となります。ゴルフのスタート時間や航空機の時間・その他、都市間の移動の為に朝食が各自となる場合がございます。

含まれるもの・含まれないもの

(含まれるもの)

宿泊費用、ゴルフ3ラウンド、空港~ホテル~ゴルフコース間の移動の費用、航空機の費用、現地でのお世話係、又は添乗員の費用。

(含まれないもの)

キャディ費用や手引きカートの費用、昼食及び夕食の費用、飲み物や個人的な費用、燃油サーチャージ+税金+空港使用料、日本国内の移動費用(ご自宅~空港)、

 及び、上記の“含まれるもの”以外のもの。

 注)詳しい日程表、条件書をお取り寄せ下さい。

(店主のお勧めポイント)航空機に乗って、長い時間をかけてスコットランドを訪ねるゴルファーが、全英オープンの舞台やプロフェショナル・トーナメントの試合に使用されるコースを目指すのは当然な事です。しかし、このような有名なコースだけではありません。スコットランドには、スコットランド人ゴルファーが遥か昔から長い間脈々と引き継がれながら、今も地元ゴルファーに愛される名リンクスが数多くあります。有名なコースに比べ、コースの難度は高くないかもしれませんが、地元ゴルファーが集る場所にお邪魔し、スコットランドのゴルフライフを味わいませんか?!きっと、『エンジョイしろよ!!』とか『我々のコースはどうだい!!??』とメンバーから話しかけられるでしょう!

ご存知のようにこの地球上には正式に英国という名の国はありません。イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、その他の諸島の連合国を称して英国という通り名として認識されております。スコットランドのエジンバラから南に向かうとやがてイングランドに入ります。国境はありません。政治上、民族上、宗教上などの違いはありますが、連なった土地にあります。この地にもやはりゴルフは広がり、根をはり、今も楽しまれています。桃源郷のような匂いのするサザネス ゴルフクラブ。そこから少し東に移動してパフフット ゴルフクラブ、潮の干満の差が大きな景観の差を作り出している湾を挟んでシロス・オン・ソルウエェイ ゴルフクラブ。スコットランドの大都市エジンバラから僅か2~3時間のドライブで着く場所なのに、そんなに遠くまではるばると来たという感じがせず、自然がゆったりと流れているような錯覚を感じ、その時の中で市民が暮らし、ゴルフが存在します。そんな土地にお邪魔して、ゴルフをすることはある意味、かなり贅沢な時間を持つことになるのかもしれません。エジンバラへの帰りには内陸部の名コースでのラウンドを付け加えました。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

アイルランド&イギリス・ゴルフ旅行について、弊社への相談がございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。いつでも相談無料です。

お気軽にご連絡ください。
私がお答えします!!

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 一人なんだけど参加できるの?
  • ゴルフ仲間だけで行きたいけど、可能?
  • 女性ばかりの集まりで行きたい!
  • 夫婦だけや家族で行きたいけど、可能?
  • 初心者だけど大丈夫?
  • 英語が苦手だけど大丈夫?
  • メンバーコースを持っていないけど、大丈夫?

といったお悩み・相談でも構いません。

あなた様からのお問合せをお待ちしております。Skypeでのご相談も可能です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)

 留守番電話に繋がった場合、お客様の『お名前』と『お電話番号』を録音下さい。後程、弊社からご連絡させて頂きます。

携帯電話:090-3915-1953 
Skype name : ets-golftour

予約制にてSkypeによる電話相談室の機会を設けております

ご相談を希望される日の2~3日前のお客様のご都合の良い期日・時間帯をメールにてお知らせ下さい。弊社よりご連絡させて頂き、直接、ご相談にお答えさせて頂きます。

注)誠に申し訳ありませんが、可能な限り多くの方の相談にお答えしたい為、お一人様1回に付き、20~30分程度にてお願いしております。

新着情報

2022年6月2日

長期にわたる海外渡航の規制や日本出国時や日本帰国時の様々な条件も緩和・撤廃されつつあります。いよいよ英国・アイルランドゴルフ旅の実現が近ずいて参りました。

2022年4月26日

緊急告知です。今後、全ての商品の費用を順次改訂致します。航空機の費用、現地の宿泊、ゴルフの費用等の原価高騰の差額を反映させて頂きます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2022年3月2日

スコットランドやイングランド、アイルランドで皆様をお会いできる事を願い、商品造成に精進して参ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ。

090-3915-1953

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

受付時間
10:00~17:00(土日祝除く)

お問合せフォームはこちら

お申込みフォームはこちら

メールマガジン登録

『メールマガジン登録フォーム』をお使いになり、ご登録下さい。

弊社店主のつぶやきや最新情報を随時お知らせ致します。又、ご登録者限定のお得な情報もお送りします。

登録フォームはこちら

ご連絡先はこちら

アイルランド・イギリス
ゴルフの旅 相談所

エルデ・トラベル・サポート

06-6308-8755

090-3915-1953

06-6379-3771

etstakashi@zeus.eonet.ne.jp

Skype name:ets-golftour

住所:〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15
新大阪龍馬ビル 603号

会社概要はこちら

代表者ごあいさつはこちら